2 鹿児島マタニティ旅 序② 穴守稲荷

前泊の梅月の部屋から、穴守稲荷の鳥居が見える。徒歩0分だ。今旅の安全と、妊婦の嫁さんの安全を願うべく参拝してから旅立とう。

梅月 部屋からの景色

2012年の1月2日に初めて参拝して以来だ。

穴守稲荷 鳥居

拝殿に二拝二拍手一拝。
豊受姫命。とようけひめのみこと。
食物を司る女神さまだ。

穴守稲荷 拝殿

今は羽田空港の敷地となっているが、鈴木新田といった江戸時代。
激しい波浪で開墾ままならず、沿岸の堤防は尽く破られた。
困じ果てた村民が、堤上に稲荷神社を祀ったところ、たちどころに風浪の害は収まり、五穀豊穣となったという。

「浪風が作った穴の害より田畑を守り給うた稲荷大神」
として、穴守稲荷と称されている。

奥の宮へと続く鳥居。
神砂は招福のご利益があるという。
こちらは2012年参拝時の写真。嫁さんと付き合っている頃に行ったのだ。

穴守稲荷 奥の宮鳥居

参拝を終え、なるべくゆったり歩く。
駅前のコンビニで朝ごはんのおにぎりを買った。

駅のコンちゃん。
地元民に愛されている。

穴守稲荷駅 コンちゃん

2012年初詣のとき。
水色のかわいい服を着ていた。

穴守稲荷駅 コンちゃん2012初春

さぁ、行こう。羽田空港へ。

穴守稲荷駅 朝

京急空港線。
京急蒲田駅から分岐し、糀谷駅。
大鳥居駅と続き、穴守稲荷駅がある。

空港線は戦前からある支線で、もともとは穴守稲荷や、海水浴などといった観光、レジャーへのアクセス路線であったが、整備された飛行場への輸送ルートとしての役割も担うようになる。戦後、GHQによる穴守稲荷の強制退去(これにより、穴守稲荷は今の羽田空港から遷移した)があり、やがて羽田空港への重要なアクセス線として成長するに至った。

糀谷、大鳥居、穴守稲荷。なんとも庶民的な駅名から、天空橋駅という、いかにも大空へ向かうような、高揚感に溢れた駅名に変わる。

天空橋自体は、駅近くの海老取川に架かる人道橋の名前で、天空といった趣はほとんどないが、とにかくこの空港線の駅名配列は

これから空の旅が始まる。

そんな気持ちの高ぶりを助長するかのような、見事な演出ではないか!


関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示