27 土居廓中と安芸城跡

土居廓中は、2010年に来た。
重要伝統的建造物群保存地区に武家町として指定された土居廓中。2010でも、2017でも、色褪せずにその風景はつづいている。

土居廓中の町並み

ただ、案内看板などは、以前と同じものを撮影していても、文字がくすんでいたり、劣化がある。当たり前だけどw

一般公開家屋 武家屋敷(野村家) 土居廓中

門を低く構えた塀重門が、武家屋敷野村家に残る。野村氏は、安芸を治めていた土佐藩家老五藤氏の与力・騎馬として仕えていた家である。
塀重門は、敷地内で斬り合いになったとき、刀を振り上げにくいように工夫された実務的な門だ。

野村家 塀重門 土居廓中

土用竹や、ウバメガシの生垣があるのも、土居廓中の特徴。
土居廓中とは、武家だけが住む土地だった。住居の特徴として、母屋の下部は板張り、上部は漆喰。雨対策である。暴風の対策に左右瓦葺きを工夫しているなど、室戸の吉良川の町並みと特色を共有している部分も多い。

土居廓中の竹垣

今回はツツジの咲く5月。
石橋の先が、安芸城跡だ。

ツツジと安芸城跡

大手の枡形は見事と言える。

安芸城跡 枡形

以前は、下の写真の構図では枡形の向こうに家が見えていたが、無くなっているのと、丸っこい植木がなされている所が、大きく変わったとわかる部分である。7年でも、そこそこ変化はあるのだ。

安芸城跡 枡形 植木

打込接で積まれた石組みの上にはなぜか塔頭が。瓦も角に雑に積まれ(ほぼ単に置かれ)ている。

安芸城跡枡形石垣

城内は広々した公園ではない。資料館と美術館が置かれている。この日は休みだったが。

藤崎神社参道 安芸城跡

幕末維新から150年の節目を迎え、高知では各所で幕末維新博が催されている。地域会場というやつで、それぞれの地域でイベントや企画展示を行ったりしている。メインは2018年らしい。

幕末維新博 安芸城跡

美術館は、珍しい書道美術館で、天守閣風建築物の外観である。

安芸城跡 安芸市立書道美術館

長宗我部に包囲された安芸城。その落城を早めたのは、長宗我部に内通した者が城内の井戸に毒を投じ、それを飲んだ兵士たちが続々と斃れ、士気を萎えさせたためだという。

安芸城跡 毒井戸跡

防戦の城主・安芸国虎は、兵士と領民の助命を条件に降伏、自決した。
その長宗我部氏も、やがて豊臣秀吉に降伏すると、豊臣も、秀頼の代で徳川に天下を取って変わられ、土佐には関ヶ原の役で掛川城を丸ごと徳川に献上するという勲功を上げた山内氏が入封。

五藤氏が、この安芸城に入り、幕末へ至るわけだ。その五藤氏は、山内氏を代々支えた家老である。五藤吉兵衛は、土佐藩山内家の祖・山内一豊が主役を張った大河ドラマ・功名が辻で武田鉄矢が演じた。

吉兵衛は一豊に良く仕え、織田信長の越前朝倉氏攻めに出陣し、激戦となった時、一豊が左の眼尻から右の奥歯へ矢を射抜かれたとき、草鞋を履いたまま一豊の顔を踏みつけ、矢を引っこ抜いたというエピソードが伝わっている。

主君を足蹴にするきっかけとなった鏃は五藤家の家宝となり、踏みつけた草鞋は藤崎神社の御神体になったと伝わる。その藤崎神社が、城内に存在している。

安芸城跡 藤崎神社

幕末の土佐藩士・後藤象二郎とは関係がないという。


水堀には鯉。
既に西日。予定では昼ご飯食べてても良いくらいだったのだが(苦笑)

安芸城跡 水堀と西日

では、高知へ向かいましょうぞ。


関連記事

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示