26 赤倉温泉 あべ旅館

2012.05.05(土)17:30

赤倉温泉に到着した。
宿泊は、温泉街随一だった「あべ旅館」。

あべ旅館

旅館のおばちゃんの話によると、東日本大震災の影響で客足は著しく落ち、経営難に陥っているとのことだった。

夕食を食べながらそんな話を聞いたもんだ。
営業ができるような状態ではなく、一旦従業員を解雇し、営業再開と共に新たに雇い直したそうだ。

あべ旅館料理

温泉街随一の旅館なだけあって、料理は豪華。ホタルイカもあり、山形和牛もあり、郷土料理の芋煮も美味しかった。

あべ旅館 ほたるいか

ほんとはご飯を頂きたかったんだけど、接客してくれたおばちゃんが要を得ず、ご飯をもらうことついに叶わなかったけど、全体的には満足な食事だった。

あべ旅館 和牛ステーキ

大きな畳の宴会場で、浦賀人五人。楽しい時間だった。
ご飯も結果的に満腹になったので、なくて助かったとの結論に達するのだった。

あべ旅館 芋煮

飲泉所。
ここが飲泉トラウマの始まりだったのだ。
口に合わずキモワルくなった。成分が悪いとかでなく、自分に合わなかったのだろう。これ以来、飲泉には一本線を引いてしまう自分がいる。

あべ旅館 飲泉所

囲炉裏端で語らったりもできる。なんかいいよな、こういうの。

あべ旅館囲炉裏

最後の夜。夜めぐりも最早せず、ゆったりと過ごし思い思いに更けてゆく。


2012.05.06(土)5:30
びっくりするくらい毎日雨のこの旅。最後まで天気は振るわなかった。
朝市に繰り出した。これは後述。

小国川とあべ旅館

朝めぐりですっかり冷え、戻って来て温泉に入る。
温泉新幹線 つばさ。なんかB級臭いw

あべ旅館 温泉新幹線つばさ

でもお風呂はなかなか!きんもちよい!

あべ旅館 つばさ

朝食はバイキング。
シンプルでも満足。

あべ旅館朝食

部屋からの景色。
向こうに学校が見えて、桜が咲き誇っている。
今回の旅ではたいがい空振りだった東北の桜。ここへきてようやく綺麗に咲いた桜を拝めたのだった。

あべ旅館部屋から小学校の桜


東日本大震災にあえぐ東北の2012年。太平洋側だけでなく、日本海側へもその影響は大で、客足は凄まじく遠のいた。もともと自転車操業を余儀なくされていた旅館や数々のお店は、この地上から話題になることもなく消え去ってしまった。

このあべ旅館も、今回ブログを書き進めるにあたって現在の様子を調べてみたのだが、なんと閉館してしまっていた。あべ旅館の岩風呂は赤倉温泉の名物と言ってもよく、この岩風呂を目当てに来る客も多かったようだ。この時は確か川の増量によってだかで入ることはできなかった。

太平洋側の、田老町の民宿おばたのように、津波で流されてしまった宿もあれば、こうして二次的な被害でなくなってしまった宿もあるのだ。
東北を応援しよう!なんて軽いノリで東北旅Ⅱは始まったのだが、残念な結果は処々に現れており、ひと数人の力で到底どうにかできるものではないと、何度目かの失望を実感するのであった。


関連記事

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示