25 鳴子温泉ぷらぷら

鳴子温泉に来た!
駅を撮ってるけど車で。
駅前の駐車場に停め(有料)、後から無料駐車場が温泉街の外れにあることを知った。

鳴子温泉駅

あっちこっち歩いてみる。思ったより大きな温泉街だ。
ほんとは宿泊したかったんだけど日程と空き宿の関係上諦めた。

温泉神社。温泉街にはよくある神社だ。
温泉神社は、ゆのかみのやしろ、と読む。

鳴子温泉神社

承和4(837)年にこの地で大噴火が起こり、温泉の神を祀って鎮めたのが始まりだという。

鳴子温泉神社境内

巨大なこけしが佇んでいた。
鳴子のこけしは有名な民芸品で、Nも結構じっくり選んで買った。
お店の主人は購入時にしっかりとこけしの首と胴体を捻り、キュッキュと鳴るのを確かめて、「大事にしてやって」というのだった。

今(2017)、そのこけしは浦賀の実家を守ってくれている。

鳴子温泉神社 こけし

本当にちょっと立ち寄るだけになってしまった鳴子温泉だが、せっかくなので日帰り湯に入る。
滝乃湯。なかなか渋い趣の温泉だ。

鳴子温泉 滝乃湯

鳴子温泉発祥の共同湯で、なんと150円で入れる。

無料駐車場の傍には、下地獄源泉なるおっかない感じの名前の足湯があって入りたかったが、おねーちゃん達が入っていたので小心な浦賀人はご遠慮するのだった。

鳴子温泉 足湯 下地獄源泉

なんかけっこう遠くから運ばれてるのかしら。

鳴子温泉 下地獄源泉

早稲田大学の学生が掘ったという桟敷湯もある。

鳴子・早稲田桟敷湯

駅前に戻ってきた。
廃業しており、今(2017)となっては小屋が存在しているかどうかも謎。調べればわかるだろうけどいいや。いつか来た時の確認事項さ。

鳴子駅前DX劇場

そもそも、鉄道が全国各地で死に体となって久しいというのに、ストリップなんぞより一層経営難に決まっているのだ。

鳴子温泉駅内

昭和という、良き時代を過ぎ、良き時代を生きた人々も老いた。
次の世代、我々は、もっとちゃんと考えないといけないのかもしれない。その時一瞬のきらめきを求めるような繫栄よりも、持続が出来得る有効な方法を。

好きな景色が、消えてしまう前に(ストリップだけじゃないよ←てか未経験なんですマジで)

関連記事

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示