19 現存天守・高知城

5日目 2010年8月5日(木)曇のち晴

親父と、アッコサン(親父姉)、ハルチャン(母姉)とやってきた高知一周旅行も全6日間のうち、5日目まで来た。四国の外周を、名城メインに巡りながら一周する旅路も、いよいよ佳境と言うわけだ。

4日夜、高知に着いた一行は高知新阪急ホテルに宿泊。ホテル内の中華料理を食した後、それぞれ自由行動になるわけだが、親父、アッコサンはバタンキュー。ハルチャンはパチンコの旅撃ち。そしてNは高知城夜景巡りに繰り出した。

20:40。ほとんど人気のなくなった高知城に潜入(といっても門は開いていた)。

高知城 天守・追手門夜景

そそり立つは自由民権運動の板垣退助像。
ついでながらこの頃2010年は大河ドラマ「龍馬伝」の放映もあって、広く龍馬キャンペーンを催していたが、高知城にはついに坂本龍馬の痕跡はない。

高知城 板垣退助像・天守夜景

郷士という、関ヶ原負け組の長宗我部系の武士たちは、江戸時代を通して長く差別され、山内一豊を始祖とする関ヶ原勝ち組の武士たちが政権を握っていて、郷士の龍馬は、土佐では出る幕が無かったのである。

高知城 天守夜景

龍馬はこの城を憎々しく思っていただろう。平成の御代にまで天守が残っていると知ったらどう思うだろうか。

高知城天守 夜景

さいわい、Nは龍馬ではないので、高知城のライトアップは素晴らしく、しかも本丸まで行くことができるので、存分に楽しむことができた。

高知城天守ライトアップ

面白いのは、日本の御殿で現存するものは全部で4件。その内本丸御殿が2件でそのうち一つが高知城。二の丸御殿が2件でそのうち一つが掛川城。
掛川城は山内一豊が居城としていた時期もあるので、どちらも山内氏ゆかりの城ということになる。もっとも、掛川城の場合は、江戸末期に再建されたものであるが、どちらも重要文化財に指定されている。

高知城天守ライトアップ 本丸から

翌朝。
みんな揃って高知城へ。
内堀が残る。

高知城 内堀

追手門と天守。この構図は高知城の名スポットだ。
どちらも重要文化財指定の現存遺構。

高知城 天守と追手門(共に重要文化財)

大手を行く。
けっこう広い。土佐24万石に相応しい趣を持っている。

高知城 大手

この突出した石は、石樋(いしどい)といって、全国でもトップクラスの雨の多い地域ならではの工夫で、排水した水が石垣に当たらないようにしてあって、下部は水受けの敷石で地面を保護している。
城内に16箇所見つかっているという。

高知城 石樋

「内助の功」といえば、山内一豊の妻・千代のことである。
凡庸な一豊を生涯支え、土佐一国の太守にまで叩き上げたという物語は司馬遼太郎の「功名が辻」でも取り上げられ、ついには大河ドラマにまでなった。

高知城 千代(見性院)様像

無骨な石垣が所々に残る。こちらは三の丸の石垣だ。

高知城 三の丸石垣

鉄門跡。石積みは整然としている。

高知城 鉄門跡

遠くから見ると小ぶりな天守。近くから見ても小ぶりだ。

高知城現存天守

それにしても掛川城の復元天守と瓜二つである。
雨の多い高知。この旅路で本格的に雨が降ったのは高知滞在時だけであったが、運よく夜だけであった。

高知城 天守・本丸御殿(共に重要文化財)

決して大きな規模ではない本丸御殿だが、書院造りで格式がある。

高知城本丸御殿

天守からはもちろん高知の風景が一望できる。
明治維新の風雲は、この城下で着々と熟成されたのだろう。

高知城 天守からの眺望

2010年のこの時期。あまりにモテず半ばやけくそになった旅路であった。仕事もなかなか要を得ず、苦しい時代だったことを思い出す(今も苦しいけどw)。
2008年から旅狂いになった事を思うと、それからたった2年の時点だったのだ。四国一周は。この旅の先から、なぜか自分の身の回りの風向きが変わるのだが、この時はまだ知らない。

おお!水堀に忍びが!
なんてお掃除のおっちゃんを喜んで撮っている少女の様に可憐なNであった。

高知城内堀石垣お掃除

この頃は写真の量が減った時期だった。
なんでかわからないけど。今はまぁまぁたくさん撮る。撮りまくって後で消す方式の方が悔いがないのだ。

高知城 山内一豊像夜景

よってここは再訪候補地である。
2017年GW。行けるかなぁ・・・候補の一つではある。


関連記事

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
旅の記憶
旅日記や城巡りなどの一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示