2011年3月11日(金)

 昼すぎ。工場の地震警報が鳴った

「地震 震度3 50秒前」

・・・10・9・8・

5秒前にはすでに揺れていた。

0の頃には、多分震度5ぐらいあるんじゃないかと思うほど揺れていた。

揺れは長く、大きく、数日前、宮城で地震があったので、何となく震源はそっちの方かな、と思いながら、揺れ続ける工場の中で、なるべく重たいものや割れ物から距離を置いてじっとしていた。
みんな同じだった。

震源が宮城で、神奈川がこの揺れなら、向こうは震災クラスの揺れが起こっているんじゃないか・・・

場内放送でグラウンドに避難して、芝生に座って携帯のYAHOOにアクセスすると、何度か失敗してからやっと繋がり
「宮城 震度7」
だったことがわかった。

その後一旦職場に戻って作業が再開されたが、再び大きな揺れが起こり、またグラウンドに避難。

騒然とするグラウンドで、まだ揺れが続く。グラウンドの揺れが伝わってきた。

所長をはじめとする横浜工場の首脳部は、後に
「後手後手だったし反省することしきりだった。災害時のマニュアルも見直す点が多くある」
と正直に振り返ったとおり、浮き足立つ自身を懸命に押さえながら、
「帰宅できるものは帰宅」
という指示をようやく出した。

毎年それなりの避難訓練をしていたからこそ、この程度の混乱で済んだんだと思う。


俺はとりあえず帰らないで、残った人たちに混じって食堂に行った。
電気は停まっていなかったので、テレビでリアルタイムに被害状況がわかった。

テレビを見たとき、ちょうど名取市を大津波が飲み込む場面だった。
家や車、船、瓦礫ごと、田畑を飲み込んで行く波。
次々に波に消えてゆく逃げ切れない車。

食堂に行った従業員はみな、テレビに釘付けになった。


大変なことになった。


ただそれだけだった。

携帯は、誰にも繋がらず、不安が募った。
みんな無事なんだろうか・・・
家が火事にでもなってたら・・・
おばあちゃんは??

いてもたってもいられなくなって、自転車で家まで帰ることにした。

食堂から工場に入ると、部品棚が倒れてボルトなどが散乱している。工場の壁が剥がれて、床に割れて散らばっている。「くそっ!」と思った。大した被害でもないのに、何か大切なものまでが一緒に壊されたような、変な感情だった。

急いで着替えて、自転車を漕いで工場を出ると、道路の脇から、泥水みたいなものが湧き出てきている。
「これが、液状化現象ってやつなのかな?」
と思ったけど、イマイチわからない。そんな経験したことなかった。
あとでわかったけど、やはりそれは液状化現象だった。

自転車で泥水の上を走る。なんだか気味が悪かった。
歩道も波打って、今でもウネウネしている。

信号が停まっているので、車は徐行。歩行者もおそるおそる横断歩道を渡っている。

金沢八景まで来ると、海の水がどんどん沖へ引いていく
すさまじい勢いで引いていく海水。すでに干潮のときでも見ないような引き具合だった。

ここも、あのテレビのような津波が来るのだろうか・・・
恐ろしかった。

電車は案の定止まっていた。
いつもの駐輪場に自転車停めて、歩いて帰ることも考えたけど、誰とも連絡が取れていなかったので、一刻も早く家に帰りたかったから、そのまま自転車を漕いで浦賀に向かった。

16号線は、車道は信号が停まっていて、車は大渋滞で、歩道は歩いて帰る人でごった返しており、自転車漕ぐのも難儀だった。

帰りのルートは、無謀にも歩行者の少ない平成町やマボチョクを通った。
ほとんど誰も通ってなかった。津波が来たら一発だったな・・・

自宅近くのコンビニには、すでに人が大勢並んでいた。

日暮れ前。やっと家に着いたら、家族全員揃っており、ようやくみんなとも連絡がとれた。なにより、mixiが生きていたから、安否確認も比較的容易で助かった。

停電は夜中まで続いた。ラジオで被害状況を聞きながら、灯油のストーブで暖をとった。ストーブでお湯が沸かせたので、カップ麺やお菓子をその日は食べた。

両親の結婚式のお祝いにもらったロウソクに火をともすと、ロウソクでも慣れれば意外に明るいことがわかった。
そとに出て空を見ると、星がめちゃ沢山見えた。


暗い夜は、特にやることもなく、早めに寝ることにした。
これから、東北だけじゃなくて、日本は大変なことになるなぁ・・・
そんな漠然とした不安な思いがあったけど、自転車漕ぎ疲れて、すぐに眠れた。

夜中の1時ごろ、わざとONにしておいた電球がついて、電気が戻ったことを知った。
なんだか、悔しいぐらいホッとした。




以上、ちょっと時が経ってるからうろ覚えの所もあるけど、
「あの日」
の自分を、ここに記録しておこうと思う。





 ※これは、2011年3月30日(水)に別の所で書いた日記です。東日本大震災からはや1年。震災と津波の爪痕未だ濃く残り、福島第一原発事故の収束もままならない。1日も早い東北の、日本の復興を、皆の力で達成しましょう!!

関連記事

テーマ : 東日本大震災
ジャンル : 日記

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【しったかぶりの日本歴史旅 と、もろもろ・・・】

 昼すぎ。工場の地震警報が鳴った 「地震 震度3 50秒前」 ・・・10・9・8・ 5秒前にはすでに揺れていた。 0の頃には、多分震度5ぐらいあるんじゃないかと思うほ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示