「君の名は。」 ネタバレ注意

映画「君の名は。」を観た。
ネタバレ嫌な人は見ないでね!大したこと書かないけど。

シン・ゴジラ」を負かせた映画という事で、描かれる風景にも興味が沸いて観に行ってみることにした。

内容は男と女が入れ替わる男子なら(女子も?)一度は憧れたんじゃないかなーという展開から始まる。そりゃムネもむわ。何度でも。

都会の瀧くんと田舎の三葉ちゃんが入れ替わるんだが、最初はふたりともわからずに過ごしており、少しずつ気がついていく。
お互い入れ替わりにも慣れはじめ、それぞれの暮らしをルール決めたりして過ごすんだが、ある日を境に入れ替わりがなくなってしまう。

リアルに描かれる新宿らへんの風景と、飛騨らへんの風景をみつつ、飛騨に湖ないよなー。どこかなー。と、旅の記憶を自分なりに辿ってみたけど阿蘇かなーとかおもいつつ、まー諏訪湖がモデルだったらしいね(苦笑

話はラブコメっぽく進んでいくんだけど、神社の神職・巫女さんの家系である三葉の葛藤は大きく、都会のイケメンに生まれ変わりたいと叫んだり。彼女の父親もまた妻を救えなかったことから神職を降りたりしていて、おばあちゃんも複雑な思いを持ってるんだろうなって思ったり。

彗星に町ごと破壊されるっていう驚きの展開は、何となくだけどそんな気がしちゃってて個人的にはそこまで驚かなかったけど、被災者の名簿に三葉が入ってた時は瀧ほどじゃないけどさすがにショックだった。
2人の時間には、なんと3年のずれ(ここは驚いた)があって、神社の御神体のお酒(三葉が米を口に含んで発酵したもの)を飲んだり、たそがれ時の時間帯だったりで、奇跡的に2人は時間を越えて出会うことができたのだ。

なおこの入れ替わりは三葉の巫女的能力であり、母も、祖母もまた同じ体験をしており、何度か彗星の衝突に直面した糸守町の守護の役割を神社や御神体は果たしているようだ。男女が入れ替わる不思議は、日本古来の神話や万葉世界からヒントを受けているのだろう。こういうシーンを入れてくれると、外国映画よりずっと身近に、ある種納得感をもって物語に入ることができる。

町は破壊されるも、人が死ぬことは無く、2人もお互いの名前も記憶も失っていくが、ひとまず良かったんだがこのまま済ましたらちょっと消化不良と思ってたら、何年後かあとに、東京で2人は再開することができる。記憶をなくしながら、誰かを探していることは頭のどこかにあったのだ。
その後の2人は想像するしかないんだけど。

でもこの話、震災後に観るからこそリアルを感じるんだな。原発とか津波で村ごと破壊されて住めなくなって、棲家を追われる人々。

消えてしまった村の風景に、こうまで胸が締め付けられるものなのか

みたいなことを劇中で瀧が語っていたが、ここにテーマが内包されているような気がした。

そんで思う。この話って、実際ハッピーエンドなんだろうけど、でもやはり失ったものは大きいのでは?

人は生き延びたが、結局は三葉も四葉(妹)も、友達も、若者たちは都会で暮らしているのだ。
オラこんな村いやだ~♪と叫んだ(セリフは違うよ)三葉。一生懸命町の人々を守ったけど、都会で生きる道を進んでいる。これは東日本大震災で大きな被害を受けた人々も辿っている道なのではないか。

日本の風景がまた一つ消えた喪失感。

シン・ゴジラは国家(政府とか)対災害だった。君の名は。は、さしずめ人々(ムラというか共同体というか)対災害と言えるかもしれない。テーマの根底は、どっちもシン・ゴジラのキャッチである『現実対虚構』で、実は似ているのかも。ゴジラを抱えて生きるしかない日本国と、故郷を追われた人々。
ゴジラと君の名は。は、国家対クニなのかもしれず、そういう意味でどちらも、やんややんやのハッピーエンドでは終わることができなかったのだ。

瀧は就活で糸守町(三葉の住む町)の風景に影響されたようなことを言っていた。そこに本当のハッピーエンドへのヒントが隠されているのかもしれない。

なかなか、面白い映画だった。
三葉は神社を再建して巫女に戻って欲しいと密かに願う。
そして、ムネは揉む。これはやむなしだ。

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
旅の記憶
旅日記や城巡りなどの一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示