1 富山夫婦旅!雨晴海岸日の出前

2016.07.29(金)22:22 曇
嫁の字の仕事の合間に富山旅!
ついでが仕事か、旅がついでか、いかいでか、富山!

というわけで、夏休みの旅路は去年(2015年)の石川夫婦旅につづいて、越中富山の旅♪

人は言う。
「富山に何がある」

なんで平気でなんもないと決めつけるかワケが分からない。
行ってみて確かめる。それだけだ!

愛用していたデジカメポーチのチャックが壊れて使用不能になってしまった。二代デジカメのF770EXRに変えたとき、今まで使っていたポーチのサイズで入らなくなって購入してはや4年。よく頑張ってくれた。真新しかったデジカメも、そろそろズームの効きが甘くなったり、外装のコーティングが剥がれたり、傷みが目立つようになった。

デジカメポーチ壊れちゃったので交換

去年の石川旅では、中央道で松本まで行って、一般道で飛騨を突き抜けて東海北陸のルートを選んだが、今回は正攻法で環八→関越→上信越→北陸道のルートにした。

嫁の字が西野カナとアンジェラ・アキといきものががりのCD借りてきてくれたので、それらを聞きつつの深夜ドライブだ。

出だし、環八が結構混んで苦戦。新東名でもよかったかなぁ~。。。
関越の東松山あたりでも少し渋滞し、すっかり眠気もMAXにいたりつつなんとか1:10、佐久平PAまで辿り着いた。遠くに佐久平の夜景が見える。

佐久平は古くから交通の要衝で、中山道の岩村田宿もこの佐久平に位置している。
そういえば、中山道のブログもすっかり止まってしまっている。東海道もしかりだが、もっと書く時間があればどんどんいろんな旅書いていきたいんだけどなぁ(;´∀`)

佐久平PAから、夜景がぽつぽつ見える。2万ドルくらいだろうか。これはこれで綺麗だ。

佐久平PA下りからの眺望

ぐっすり眠る嫁の字が正直うらやましすぎる2:20、草木もナウマンゾウも眠る丑三つ時。

眠い!!!!眠すぎる!!!!!

これは事故る!

黒姫野尻湖PA ナウマンゾウ

イガキモになるけど、ここはブラック無糖を投入するしかない!死ぬよりマシだろう。本当は寝たいくらいだが、もうひと踏ん張り!

そして、最終兵器投入。俺の字のなかの最終最後の手段。

「AKB俺集」を全力で歌い続ける戦法。
「10年桜」からはじまって、「桜の木になろう」まで、アップテンポからバラードまで、寝ないためだけに歌い続けた末に歌詞読まなくても歌えるようになっちゃったAKBの自作CDを投入した。
これだけ歌ってもおきない嫁にあっぱれをあげたい。

そんなこんなで、日の出前にどうにか最初の目的地に到着した。
北陸飛騨浦賀人旅で肩透かしを食らった、雨晴海岸!

雨晴海岸 日の出前

て、雲に妨げられてまだ日が昇ってない!
逃避行の源義経一行が雨宿りをしたという「義経雨はらしの岩」。

雨晴岩 義経岩 義経雨はらしの岩

義経が願ったら雨が晴れた、とか、超人伝説でなく、普通に雨宿りして、雨が晴れるのを待っての「雨晴海岸」。でもその岩は弁慶が持ち上げたとか。

雨晴海岸 早朝

夜は明けるも日は出ず。
バス―カみたいなカメラ盛った人々も、待ちぼうけをしている。
何にも持たず、岩礁に座ってじっと待っているおっちゃんが風流であった。

日の出まで、ちょっとお出かけすることにした。

なお、前回の雨晴海岸。

無念の雨晴海岸



関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示