36 嬉野温泉 シーボルトの湯

武雄温泉から30分程。嬉野温泉にやってきた。
佐賀の温泉の名所は数ヶ所あるが、二大温泉はほとんど隣接関係にある。

混雑で駐車場に車を停めることができず、困じ果てていたところ、いきなりおばちゃんが声をかけてきた。

「シーボルトの湯でしょ?そこ、そこ停めなよ。職員駐車場」
まじか!なんかスゲー申し訳なかったけど、せっかくなのでカラーコーンを一旦どかして停めさせてもらった。
せまい温泉街の道をぐるぐる回ってたから、助かった。
ありがとう、シーボルトのおばちゃん(*´▽`*)

嬉野温泉 シーボルトの湯

日本三大美肌の湯・嬉野温泉は、温泉地での「あるある伝説」と言って過言では無い、鳥が浸かって飛び去るやつである。

神功皇后征西の帰途、傷を負った白鶴が、心配する一行をよそに河原に降り立ち、湯浴みをしたところ、たちどころに傷は癒え、元気に飛び去ったという。
それを見ていた神功皇后が
①あな、うれしや (嬉や → 嬉野)
または
②うれしいの (嬉野)

と感歎したことに由来する。古来、土地の名はシャレでつけられていたのである。
武雄温泉と同じく、1200年程も歴史があり、肥前国風土記には、万人の病を治す名湯として記述がある。

嬉野温泉 ゆっつらくん

シーボルトの湯は、もともとは古湯と言われていたが、佐賀市の古湯温泉と重なるため、シーボルトの子孫に許可を取り、シーボルトの湯と命名したという。

「車、とめられた?」
風呂上がりに声をかけてきたおばちゃんは、さっき駐車場を案内してくれたおばちゃんだった。
このとき、シーボルトの湯の職員さんと知ったのだが、さっきはそこらのおばちゃんかと思ってたw

嬉野温泉 シーボルトのあし湯

足湯は無料だ。

藩境石は、番号石とも言われ、国境で佐賀藩と蓮池藩で争った際、新たに境界線を設け、藩境40kmにわたり、およそ2000個も設置されたという。20mに一つの割合だ。

藩嬉野温泉 境石

日本では他に例がないらしい。
和の国では珍しいだろうが、世界をみると国境というのは実に根深い問題があって、事実日本も隣国とやりあっている。
地続きならなおのことだろう。

おばちゃん、ありがとう!
うれしいの。あな、うれしや。

嬉野温泉は嫁の字と来れば宿泊予定だったが、立ち寄るだけになってしまった。また来よう('Д')


関連記事

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示