20 呼子大橋と弁天さま

2016.05.01(日)17:15

気が付けば一日の終わりが近づいている。
唐津を堪能し、再度呼子へ戻ってきた。次は加部島へ行く。
その道すがら、呼子大橋を眺めるべく、大橋のたもと、弁天駐車場に車を停めた。

弁天駐車場から呼子大橋

道の向かいは、名護屋城の加藤嘉明陣跡だが、この時はどこだかわからず寄れなかった。
弁天駐車場から階段を降りると、弁天遊歩橋があり、瀬戸に浮かぶ小島の男弁天と、女弁天に行ける。
遊歩橋の無い時代は、満潮時には潮が満ちて渡れなくなったという。

呼子 弁天遊歩橋

豊臣秀吉が、このあたりで舟遊びをしたという伝説が残っている。

容易に行けるのは、女弁天だ。
ここに、厳島神社が鎮座している。

呼子 女弁天

厳島神社は、海上交通を守る女神である。
日本各地に、こういった離れ小島に弁天さま≒厳島神社が祀られていることが多い。
いつくしま、というのは、そもそも市杵島姫(いちきしまひめ)のことであり、いつき島とは、清浄なとか、清らかなとかの意味を成す。
世界遺産の日本三景・宮島に鎮座する厳島神社を分祀している。

男島も、干潮時には渡ることができる。
呼子大橋も美しいね( *´艸`)

呼子 男弁天

黄色い鳥居が社殿の中に入っている。珍しい。
交通安全を祈願した。

呼子 厳島神社

瀬戸のど真ん中にある女弁天。どっちを見ても、海と島々の美観が広がっている。

呼子 厳島神社から

双子弁天とも呼ばれる弁天さまは、男でも弁天。女でも弁天。ある意味ジェンダーフリーなんだねw

子宝、夫婦円満、良縁。そんなところにも、ご利益のある呼子の弁天さまでした。


関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示