水郷潮来あやめまつり② ろ舟遊覧と嫁入り舟

水郷潮来あやめ園には、様々な石碑があるので、それらを巡ってみるのも楽しい。

潮来、という難読地名をつけたのは、かの黄門水戸光圀公にあらせられる。
潮来出島の真菰に咲くあやめを詩にしたという、潮来あやめの句碑が、常陸利根川の水門脇にある。

潮来あやめの碑

潮来は、いたこ、と読む。
元々この土地は、傷んだ土地、とか、台地の崖とかという意味で伊多久や板久、いたく、と呼ばれていたという。
領内巡視の水戸黄門が、「潮」が板の波目のように見えることから「いた」とこの土地で読むことを知り、潮来と地名を変え、いたくが訛って、いたことなったというわけらしい。

園内に流れる曲の一つ、「潮来花嫁さん」の碑は、水運橋のたもとにある。

潮来花嫁さんは

潮来花嫁さんは 舟でゆく
月の出潮を ギッチラ

ギッチラ ギッチラコ
       

潮来花嫁さん碑

佐賀の唐津の鏡山の佐用姫像に比べたら怖くないけど、まぁまぁ怖いね・・・

花嫁さん碑

よしきりとあやめちゃんの顔出し看板もあるでよ~(`・ω・´)ゞ

水郷潮来あやめ園 2016

ろ舟乗場の近くには、潮来笠の碑も。
こちらも演歌ですねぇ。
薄情そうな渡り鳥
それでいいのさ!

潮来笠碑

ろ舟乗場では、あやめ娘さんが待っていて一緒に写真撮とってもらったりした。
なかなかの美人さんたちである♪

水郷潮来 ろぶね乗場

ろ舟。公式にはろ舟。チケットはろ船。漢字で書けば魯舟。
どれでもいいのんね。

水郷潮来ろ船遊覧船 チケット

並んでいそうだったけど、ひっきりなしに舟は出るので、すぐ乗れた。

ろ舟遊覧

乗るなり船頭のおっちゃんは仕事の話w
今日は何回船出するから、一日何時間船に居るんだよっていう話をしてくれた。

市営ろ舟遊覧

足だか、手だか、両方だか、マメが辛そうだった。
ホンマモンの船頭さんもいるけど、おっちゃんは違うらしい。女性船頭さんは潮来の魯舟の名物だけど、彼女たちは市の職員で、ボランティアでやっているのだという。
公務員だからね、副収入はだめなんですよ。とのこと。

嫌でやってると仕事の覚えも悪く、楽しくやれる娘しか続かんよね、こういうことは。と、そんな深い話まで聞いて良いのかしら、というくらい話してくれた。

水郷潮来 ろ舟 市の女性職員さんボランティア

この日は女性船頭さんと2人すれ違ったけど、どうやら楽しくやっている(と信じる)ようで、元気に手を振ってくれた。
(手当出してあげて・・・)

水郷潮来あやめ園 魯舟遊覧

前川から、常陸利根川まで出た。
壮大な川に出ると、小舟なので俄然怖い。このおっちゃんにすべてかかっているのだ☆☆

水郷潮来あやめ園 魯舟

舟は、あやめまつり時期だけ出航するという。他にモーターボートも出ていて、川は混雑気味だ。一回、すぐ横を通ってるのにモーター舟が出てきて、あわやっていう場面もあった。転覆とか、そういう心配は無かったけど、手漕ぎなんだから航路キープも大変だ。穏やかなおっちゃんもオコだったぞ!


下の写真の左で手を振ってるのは、市会議員さんだそうな。
自ら魯を漕いで船頭役とは、えらいけど、大変だろうなぁ・・・頑張ってほしい\(^o^)/

水郷潮来あやめ園 魯舟遊覧 市会議員自ら

GWにも、舟を出してみたらしいが、赤字だったという。あやめまつりほど、人は呼べないのだろう。

水郷潮来あやめ園 ろ舟

ゆったり楽しい魯舟を降りて、あやめちゃんに見惚れつつしばし散策。

あやめちゃん

そんなに広くはないあやめ園だけど、見所は多く、ポーネグリフ(石碑)も多々あって楽しい。
あやめ園のシンボル・水雲橋の由来。宮本茶村の号だ。天保の飢饉で、多くの民を救済した人物という。

水雲橋碑

大門がし跡碑。
よくわからないが、遊郭が近くにあった・・・との情報。

水郷潮来 此のあたり 旧跡大門がし

そして、全国から公募されるという、潮来の嫁入り舟!
多くの衆人が見守る中、ゆっくり、ゆっくりと舟へ向かう。

嫁入り舟

潮来は水運で栄えた町であり、その移動手段も水運を利用していた。
嫁入りする嫁さんや、嫁入り道具を運搬するためにザッパ舟にのって、旦那のもとへ出かけて行ったという。

嫁入り舟 全国から公募

嫁入り舟は、昭和30年代に映画とのタイアップや、演歌・潮来花嫁さんがヒットしたことによって全国的に知られるようになったが、生活形態の変化などによって、やがて忘れ去られた。

水郷潮来あやめ園 嫁入り舟

昭和60年。つくば国際科学技術博覧会のイベントで、限定復活して以来、あやめまつりでも行われるようになったという。

確かに。

水郷潮来あやめまつり 嫁入り舟

嫁入り舟は、水の豊富な日本ならではだ。
一生に一度の晴れ舞台を飾るには、これほど見事なバージンロードは無いだろう。

なお、まちぼうけもいい所のお婿さんといえば、水門脇のWAiWAiファンタジアという、縁結びの噴水スポットで嫁さんが来るのを今や遅しと待っている。

潮来嫁入人力車

嫁っちは言う。
一生に一度なら、こんな結婚式、良いよねぇ(*´▽`*)
そうねぇ、でもウチらも、かなり豪勢にやったぜ!

そんなこんなで、祝福ムードいっぱいになった水郷潮来を後にする。

潮来駅ロータリー

いかにも電車で来たようにしているが、車である。
臨時の無料駐車場が、駅の向こうのスーパー(徒歩5分ほど)にあるのだ。
一般の駐車場ならすぐ近くに500円の民家Pがある。

なかなか楽しかった!
水郷潮来あやめまつり♪



関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
旅の記憶
旅日記や城巡りなどの一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示