0 佐賀へ行くまでの遠く険しく長い道程

佐賀(まさかの)一人旅 序章

2016年のGWは佐賀で決まりだった。
夫婦してお世話になった方に会いに行くのが、一番の目的である。

佐賀は、遠い。

車でも全然良かったのだが、嫁もいることだし、飛行機にした。
予定は順調に組み上がった。だいたい3月の声を聞くころには、飛行機はもちろんのこと、宿、レンタカー、旅程は固まりつつあったのだ。

旅程
4/30(土)夕方出発!博多の中洲の屋台を満喫して唐津へ!
5/1(日)唐津観光 → お世話になった方の家泊
中略 佐賀観光
5/3(火)博多で前食べて超おいしかった、鶏の唐揚げ明太風味定食を食べて帰路(飛行機)

毎度ぱーぺき

ところが。
4月初旬。
嫁、5/3仕事になる。

俺 そのまま
嫁 一泊減らす

とし、飛行機をキャンセルして、格安航空で5/2長崎空港から嫁、先に帰ることになる。
5/2の嬉野温泉の宿の予約をキャンセル。佐賀牛とか楽しみだったのに・・・
ん?あ、これヤバいやつだ。
レンタカーが宿との組み合わせで安くなるプランだったので、宿キャンセルするとレンタカーも自然消滅に・・・

代替のレンタカーを探す。
ない。当たり前だ。4月にGWのレンタカーにしろ宿にしろ、そうそう余ってはおるまい。
あるのはバカ高いやつだけ。
レンタカー会社に直接電話して、お値段そのままでキープしてもらうことに。


まだ旅ははじまらない。

4/14(木)
熊本地震発生す。最大震度7を観測。
4/16(土)
熊本にて再び最大震度7の地震を観測。
以後、史上最多の余震が頻発。
専門家の経験則を遥かに超える事象である。

我々の旅も大いに揺れる。
どうするか。
少し様子を見よう。
そんなこと言っているうちに、嫁が5/1仕事になりそうと不吉なことを言い出す。


4/27(水)
嫁、5/1仕事になる。
おいおい佐賀で孤立かよ。

さすがにここまで来て宿だのレンタカーだの飛行機だのキャンセルすると費用も甚大なので、一人で行って、お世話になった方には顔だけでも出すことに。
初日の唐津の宿も、一回キャンセルして同じ宿をシングルで予約しなおす。
2日目はお世話になった方家の都合もあり急遽伊万里に宿を取った。
よしこれでどうにか行けるな。

しかしモチベーションが上がらない!
最初っから一人旅予定なら、そのつもりでコンディション整えるんだが、ふたり旅のモチベとの乖離が、自分で自分に驚くほど大きかったことがわかった。
先発ピッチャーと抑えピッチャーほどに、その調整の違いは大きかった(わかりにくっ)


まだ旅ははじまらない。

4/30
出発の日である。
義兄の結婚式。素晴らしい式、スイーツブッフェがおいしかった♪
帰宅。
30分ほど休憩して準備して出発。なのだが。

レンタカーがちょっと心配だったので、いちお、確認してみると。

ない。
と言う。
あのやろーやりやがった。
あの時、やけに軽い感じで受け付けたと思ったら、忘れたか抹消したのか・・・

来た。いつものやつだ。
しったか名物

「Nの悲劇」

子供の時に一回。
2012年の北海道一周旅行の時
レンタカーには二度やられている。
親子二代だ。

これこれこーいうわけでと説明し、レンタカー会社は確認して折り返し連絡するという。
とにかく家を出る。飛行機に間に合わなかったらそれこそゲームセットだ。

でもなー。
レンタカーなかったらもう全部キャンセルしちゃいたいわ。
なんちゃー、やおいかんね。
今回の旅はケチつきまくりやけんね。

ともかく羽田空港に到着。
連絡は来ない。

嫁も随行し、お世話になった方へのお土産を物色。
俺、それどこじゃない。珍しく狼狽えた。

お土産買ってると、電話が来た。
なんとか車を手配したとのこと。
本州か、熊本か、どっかから引っ張って来るのか?

ほっと胸をなでおろすが、値段が一万円も上がっている。
どうにか最初の金額を提示し、検討してもらうことに。
少しあと、折り返し電話が来て、元の値段で対応してくれるとのこと。

よかった。
はぁ、疲れた。
羽田空港のスタバのティーを嫁と飲んで一息。
コーヒーにしなかったのは、確実に今の状態では胃がやられると思ったからだ。
昼は披露宴のフレンチだったから、胃酸がやばいフラグはさんざん立っているのだ。

どっと疲れを感じつつ、出発の時間が迫り、出発ロビーに入ることに。
嫁ともしばしの別れだ。
検問を抜けて、見えなくなるまで手を振る。

妙に切ない。
胸がふさがって逆流するみたいに涙が出た。
まったくひどい話だ。

羽田空港の夕方

それでも時間が来れば飛び立つ。
人の気も知らないままに。

空から湾口

無事飛び立ってよかった~
あ、あれ海ほたる!
もうあんなに町が小さくなった!
イガキモだからりんごジュースにしよっかな。

・・・ふたりというのは大事なことだ。
ひとりだと成り立たないのだ。会話。

りんごジュース JAL

隣には誰も座らない。
地震のせいか、GWだというのに乗っている人がやけに少ない。
後ろの席の列は誰もいない。
その後ろには女の子がひとり。
そうだ。むこうで未だ見ぬロマンスが待っているかもしれない
わけがない。

JAL 機内

羽の光がやたらまぶしい闇夜を眺めて気を紛らわす。
山陰くらいから、海に点々と光が見えていた。
海だというのも、点々が漁火だろうというのも、着陸寸前にけっこう近くから見て合点がいったくらいだ。
違ったらご勘弁を。

福岡沖の漁火 飛行機から

福岡空港は街に近い。
凄く近くに街が見えるし、見上げる方も凄く近くに感じるに違いない。
実際そうだった。

博多のまちへ着陸態勢

着いた。
呆然としている暇はない。
トイレに寄って、すぐレンタカー。
中洲の屋台はひとりで行ってもどうかと思ったのでパスにして、唐津でラーメンでも食うことにしていた。

福岡空港夜景

唐津着くのは22時頃だろう。
やってんのか?ラーメン屋・・・

くよってる場合じゃねえ。
旅人の本能で、先を急ぐ心に火が燈る。
これも、いつものやつだ。
どんなに不安でも、旅はこうしていつも始まる。


行くぞ。佐賀。
くそ楽しんでやる。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示