18・14 中尊寺 ~雨晴世界遺産~

2010.05.05(水)朝 晴
2012.05.04(金)朝 雨

黄金京・中尊寺へ来た。
ⅠとⅡの間に、東日本大震災があり、世界遺産の登録があった。
登録名『平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―』
境内は特別史跡に指定されている。

雨の中尊寺

山号は関山(かんざん)。
雨の方が雰囲気があるんだね。
山麓からの坂道を月見坂という。趣があるね。

中尊寺参道
2010.05.05(金)

嘉祥3(850)年の創建と言われる。
定かではない。

雨の中尊寺参道

12世紀。奥州藤原氏の初代・清衡によって大規模な堂塔伽藍の造営が行われた。
前九年・後三年の役で亡くなった者の御霊を鎮魂するため、と伝わっている。両役は東北で起こった戦乱なのだ。

関山中尊寺
2010.05.05(金)

立往生にて非憤の死を遂げた武蔵坊弁慶と、その主君・源義経の木像が安置されているという弁慶堂。

弁慶堂碑 鳥居
2010.05.05(金)

入母屋の金属板葺きの屋根で歴史を感じさせるが、江戸後期の再建とのこと。

中尊寺 弁慶堂 雨

霞んではいるが、遠くを見晴らせそうだった。ただ、見える限り田園風景だった。

弁慶堂から雨の景観

本堂は明治後期の再建。
どうしても金色堂周りに目が行って、本堂を素通りしてしまいそうになるが、こちらがメインのお堂なのだ。

中尊寺本堂
2010.05.05(金)

峰薬師堂には印象的な「め」の絵馬。
め のお守りは可愛らしいので、薬師堂の傍にある札所でお求めを。
買ってないのを後悔してたり(;・∀・)ヂツハ

峰薬師如来 め


そして、金色堂。
覆堂はコンクリだ。
パンフなどでよく使われるのがこれに近いアングルだが、あくまで金色堂は、あのコンクリの中に封じ込められている。

金色堂 覆堂
2010.05.05(金)

金色堂は国宝第一号指定で、写真撮影は厳重に禁止されている。
後に嘘つきマルコと言われたりもする、東方見聞録の作者マルコ・ポーロは、この金色堂のことを指して黄金の国・ジパングと書いてしまったとも言われている。


中尊寺は、「残っている」という事実だけで、実は世界遺産クラスの奇跡が起こっていると言って良い。
なぜかというと、源頼朝は、金色堂をはじめとした中尊寺を興した奥州藤原氏を完膚なきまでに滅ぼしたのだが、この中尊寺そのものは灰燼に帰すことはしなかった。

これが世界の人が思う日本の不思議であり、Nが毎度熱く語り始めて長くなるやつである!
世界の常識は日本の非常識。
日本人の精神は、敗者の文化を根こそぎ破壊するようにはできていない。

経蔵は、経典などが納められていた蔵。
鎌倉時代に創建されたと言われている。

重文 中尊寺経蔵

ここで一つ特筆しておきたい。
宝物館である、讃衡蔵(さんこうぞう)での出来事。
雨の降る中尊寺を楽しんでいたN一行。宝物館にも入り文化財を眺めた。
満足で館を出ると、井上陽水じゃないが「かっさが ない~」

傘パクられたわ。とんでもない輩がいるもんだ。
仕方なく傍の売店で売っていた傘を買ったものだが、こんちくしょうめ。

中尊寺竹林

奥の細道で有名な松尾芭蕉の銅像も置かれている。

芭蕉翁像 奥の細道
2010.05.05(金)

金色堂の今の覆堂の前にも、金色堂は覆われていた。
その覆堂も今や重要文化財だ。コンクリ覆堂も100年くらいしたら、重文になるのかしら…

金色堂覆堂 重文

中尊寺巡りも佳境に入ると、定番の神仏習合、白山神社があって、能楽殿は重文指定されている。

中尊寺 重文 能楽殿

白山神社は茅の輪くぐりが楽しい(*´▽`*)
北方を守護する神として、中尊寺を開山した慈覚大師円仁により祀られたという。

中尊寺 白山神社
2010.05.05(金)

こうして中尊寺巡りは終わるのだが、駐車場前にはいくつかお店があって、ご飯も食べれ、お土産も買えれ、なかなか気が利いている。

中尊寺駐車場 泉橋庵

泉橋庵というお店で浦賀人旅定番のうなぎを食べる。
もうちとご当地モノ喰えばよかったと思いつつも満足。しかしこれ、朝ごはんw

泉橋庵 うなぎ

無量光院跡に立ち寄る。
跡地なのに世界遺産指定されている。

特別史跡 無量光院跡

史跡としては、特別史跡である。史跡の国宝と言うことだが、名勝にしても良いような景観の美しさだ。
京の平等院を意識して造られている。平安京に対し、奥州京を目指したのだ。

無量光院跡 壮大

雨は今頃やんだ。
2010は晴。2012は雨。
ブログとしてはどっちつかず。

関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示