20 超絶!壮絶!ダイナミック!はみ出しすぎなレストランふくしんのかつ丼

げに恐るべしは福井のかつ丼だ。
福井は全国にいくつかある、「ソースカツ丼発祥の地」を称する町。

ドイツで修業した高畠 増太郎という男がソースカツ丼を考案して以来、福井では庶民の食べ物。現代風に言うとソウルフードとして親しまれている。

まっぷるにも載ってる「レストランふくしん」はこの並びっぷり。
我々のあとに並んだカップルの後ろは、昼の店じまい時間を過ぎたため残念ながらとぼとぼ帰って行った。

レストランふくしん

福井ではソースカツ丼なんてまどろっこしいことは言わない。
かつ丼。
で、ソースカツ丼と通じる。

並びつつメニューをみると、スパゲッティ―や鶏なんこつ揚げ、サラダ、ランチ。色々ある。
お手元の箸入れには「ファミリーレストラン」とある。別にかつ丼屋ってわけじゃないのだ。
この暖簾の先に、ソースカツ丼の概念をぶっ飛ばす歴史が渦巻いている。

名物かつ丼 ふくしん

もちろん注文はかつ丼(大)だ。
(大)とか(特)を頼むのは三島の鰻(※1)や飛騨牛(※2)で懲りていたのだが、ここでは(大)を頼むこと自体が観光だと言えよう。

しょうじき。

はいーーーー? ってなった。

はみ出しすぎといったが、はみ出すとかそういう感じですら最早無かった。
突き抜けているのだ。

ふくしんのかつ丼

かめはめ波のように繰り出されるかつ丼の波!
まっぷるで知ってても百聞は一見に如かずの諺のとおり、それでもふくしんのかつ丼は浦賀人の旅慣れた想像力を凌駕していた。

はみ出しすぎ!ふくしんのかつ丼

(これ食いきれんのかよ。あとどう喰うんだよ)
(味噌汁の配分が勝負の決め手だ。三島の二の舞は避けなければ)

レストランふくしん かつ丼味噌汁付き

はみ出しすぎなかつ丼は、カツが突き抜けていたためその役割を全うできずにいたフタを使うことで解決する。

レストランふくしん かつ丼 フタのせ

逃がす!逃がすことで、カツだけ食べてご飯食べれない悲劇を回避するのだ。

そしてそのお味といったら、これが飽きない。最後まで。
自家製のソースは、まさに誰でも飽きずに食べられるように作られた秘伝ソースで、肉とカツに染みわたっている。
見た目以上に、噛みついたときにじわってくるのだ。

ソースの増減は注文時に受け付けてくれる。
かつ丼は大小あって、ご飯の別注も、ソースかけご飯もあるから大食いさんも心配ありません。
これは旨い!いやにデカくして目立ってる食べ物ではなく、旨いから目立ってることを改めて実感。今記事書いてて無性に食べたくなった。
ワンモアふくしんだ。



レストランふくしん たびねすの記事もありやす。
福井のソウルフード!「レストランふくしん」超豪快ソースカツ丼

※1 三島の鰻 → とある鰻屋で一番でかいうな重(この時もそれ自体「観光だったが」)を頼み死にかけた。
※2 飛騨牛 → とある飛騨牛ステーキの店で、多分肉の質の問題もあろうが、250g食べて気持ち悪くなった

関連記事

テーマ : グルメ♪食の記録
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示