スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40 和倉温泉と織姫の里に立ち寄って帰ろう。

和倉温泉は、全国有数の高級温泉街である。
あの、加賀屋がある和倉温泉だ。

のと鉄道のラッピング電車と並走しながら和倉温泉を目指す。
「花咲くいろは」という、石川の架空の温泉街がモデルになったアニメとのこと。
マジンガーZと、朝ドラの「まれ」もあった。こちらは説明無用かな。

福浦灯台とかも行きたかったが、輪島朝市で過ごしすぎた(苦笑

花咲くいろは のと鉄道

和倉温泉に到着!
あまり時間がないので、温泉街の散策もできないけど、高級温泉街にあって入湯料440円は安い!

和倉温泉 総湯

傷ついた白鷺が発見したという和倉温泉。
1200年も歴史がある。もとは「湧く浦」という意味で、文字通り海から湧出したという。

総湯自身も、江戸期からすでに7代目であり、藩政時代から愛されてきたことがわかる。
塩分多めの温泉で、体が良く温まる。海沿いの温泉地は決まって塩辛い。


温泉で温まり(熱いくらい)、帰路となる。
道の駅 織姫の里 なかのとに立ち寄った。地場産品が多く、ここで能登の名物ひっぱり餅を買った。
ひっぱり餅は粘り強さがあってうまかった。

織姫伝説のある中能登では、弥生時代のものとされる日本最古のおにぎりが出土している。
可愛らしいマスコットキャラクター「おりひめ」が迎えてくれる道の駅だ。

道の駅 織姫の里 なかのと

2000年以上前、崇神天皇の皇女が機織を伝え、能登上布という壮麗な織物がはじまったという。
越の国(古代ではおおよそ福井の敦賀から山形の庄内辺りまで)オオクニヌシとスクナヒコを丁寧に接待したのが、能登比咩(織姫)だったという。

織姫ってせいぜい平安時代くらいの伝説かと思ってたけど、神話だったんだなぁ。
歴史は織物のように縦と横を結ぶ。
織りなし紡ぐ糸は誰かと誰かをどこかでつなぐ。
織姫と彦星の伝説は、そんな素敵な物語。

日本の歴史はひとつなぎの大秘宝なのだ・・・
(どっかできいたようなフレーズになってもたw)

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。