5 若狭小浜 妙楽寺で仏像に出逢い浦賀人の心は洗われたのだろうか。

ここどーかなー。
Hが福井のまっぷるをめくって妙楽寺っていう寺を指さす。

名田庄から若狭小浜へ。一行は熊川宿を目指しつつ若狭小浜でなんかいいとこ無いかなーと探していたのだ。

高野山 真言宗 妙楽寺 北陸若狭観音霊場

ずいぶんと趣のある山門だが、駐車場はしっかりあったし、拝観料は400円。
11時すぎて観光客増えるかと思っていたけどここは静か。

妙楽寺山門

参道は長くはなく、雰囲気の良い木々の谷間を抜けるともう本堂だ。

妙楽寺参道

印象は、鎌倉っぽい!
浦賀人の地元の近く鎌倉は基本的に鎌倉時代に栄えた武士の都だが、こちらは開基が平安時代と古い。

雰囲気が似てると感じるのは平安期の仏教の境内の雰囲気を鎌倉も踏襲しているからなのか、勝手に浦賀人が勘違いしているのかはわからない。

妙楽寺境内

梵鐘がなんと慶長7年のものだ。関ヶ原の少しあとである。
自由についてくださいとあったのでHが大喜びで衝いたら、ごぉ~ん、と、古めかしいような懐かしいような音が鳴った。

妙楽寺梵鐘

本堂は小ぶりではあったが、内容はすごかった。
重要文化財の本堂は、鎌倉時代建立で若狭最古の建造物だ。

木造千手観音菩薩立像も重要文化財。
高さ176.3cmというから、158.8cm(頑張って159cm)のNよりずっと高い。等身大なのだろうか。
ほんとに千本も手があるのかいなと思いパンフの写真を一生懸命見ると、大きい手が30本くらいあって、小さ~い御手手が無数にあるのが解る。どうやら本当に千本あるらしい。疑ってすみません。

妙楽寺本堂 重要文化財

そしてその千手観音さま、なんとお顔が24もあらせられる。
正面に一つ、両脇に一つづつ。頭に無数の顔があって、全部合わせて24。これはとても珍しい例だそうで、滅多にお目に掛かれない特徴なんですって。

こりゃ何でも御見通しでしょうなぁ。浦賀人の煩悩なんてとっくに見透かされてらぁね(;´・ω・)

妙楽寺本堂

他にも平安時代のお不動様など、かっこいい!美しい!仏像が惜しげもなく本堂に鎮座していたんだが、これで市指定なの?とか、これでもまだ重文にならないの?本堂や千手観音さまなんて国宝でもいいくらいなのに、随分とまた遠慮がちだなぁなんて浦賀人の誰もが思った。

おっと、堂内の写真撮影は禁止だぜ。決まりは守って楽しい旅をしようじゃぁないか!
やや小腹の減ってきた浦賀人であった。

関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示