スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3 今って日本のどこらへんなの?ここは名田庄!京都と若狭小浜を結ぶ周山街道の福井側の奥地の道の駅 名田庄さ

浦賀人はいつもこうさ。
福井ゆーてるんに、いま日本のどのあたりとか平気で聞いてくる!

福井はだいたい真ん中らへんのちょっと左めの、海沿いにギザギザ細長い場所さね。

でも海から数キロも離れれば秘境ムード満点の野山の山々が県境まで続いている。
意外といえばこれほど意外なことは無いね。

福井は京都と地続き。一瞬そんなばかなとは最初俺も思ったよ。


道の駅 名田庄(なたしょう。濁らない)は、かつて周山街道と呼ばれた京と若狭を結ぶ峠道の福井に入って割とすぐの所にある。

道の駅名田庄

なんでここへ来たんよと聞かれても、さぁとしか答えようがない。
どんなところか知りたかったからなだけだろう。

名田庄のもずく蟹

地産の、もずく蟹や錦鯉、めだかなんかが店先に売られている。
めだかはともかく、錦鯉の小さいのがこんなところで手に入るなんてなぁ。面白い。

名田庄の小さい錦鯉

思いのほか目に留まる物産の並ぶ店内。
名田庄漬というブランド名でお漬物を生産販売している。
昔も、これを売りに周山街道を登って京へ出たのだろうか。

ブランド漬物!名田庄漬

種類は豊富で3袋500円だ。
俺も3袋ちゃっかり購入し、親やご近所さんにおすそわけだ。

そば粉や自然薯も生産されるもんだから、自然薯ジェラートなんて奇抜なアイデアも出るわでるわ。

名田庄 自然薯ジェラート

Hが買ったのをひと口貰うと、んん~、自然薯かどうか、そもそも自然薯がどんな感じだったか解んねぇんだけど、これ・・・これかなってのが口内に引っかかった。
ん、悪くねぇ。場合によっちゃぁクセになるかもぜ!


道の駅にほぼ隣接し町営ホテルの流星館がある。
なるほど確かにここぁ夜中は星がよく見えそうだぜ。

名田庄 町営ホテル 流星館

広々とした敷地のベンチで、寝転がるのはOとN。
Oがインドで買ってきた像の絵が描いてあるTシャツをOとNがペアルックよろしく着ちゃっている。
そんな幼馴染腐れ縁。

名田庄 宿泊できる茅葺民家

流星館には、離れの茅葺民家に泊まることもできる。
ここは梅雨には蛍もいそうだし、夏場はカブトムシも採れそうだ。

子供がいれば、また、今度は泊まりに来てみてもいいかな。
四方八方を山々に囲まれた名田庄。

おじいちゃん。おばあちゃん。
そんな言葉が似合う、そんな名田庄だなぁなんてぼんやり思ったのよ。

でも京からのツーリング客も存外多いみたいだったぜ!


関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。