17 回想録・長町武家屋敷跡

江戸時代は徳川家の軍事独裁政権であった。
その下に、各藩がこれも軍事独裁的に民を統治する機構で、それが紆余曲折あったにせよ、300年近く続き、戦の無い世界史でも類のない時代であった。

徳川幕府の諸藩において、ぶっちぎりの石高、今でいう経済力を持っていたのは、言うまでもなく「加賀百万石」の前田氏が統治した加賀藩、今のほぼ石川県であった。

そんな加賀藩の武士たちが住んでいた屋敷が、長町に残っている。

武家屋敷跡 加賀藩千二百石野村家

野村家千二百石など、一部文化財として公開されている屋敷もあるが、土塀の続く町並みの中に、市民の生活は今でも息づいている。

加賀藩 武家屋敷跡 掛軸

付近を流れる「大野庄用水」は、かつては「御荷川」と呼ばれていたことからもわかるように、日本海へ注ぐ犀川から遡って、日本海からもたらされる恵みの重要な水路であった。

武家屋敷跡 大野庄用水

藩政時代の面影を見付けるのは、この町では容易であった。
茶屋街もそうであったし、香林坊のような繁華街にもその名残は道端に転がっていた。

加賀藩 長町武家屋敷跡

今でも往時のそそっかしいサムライが急ぎ足で走り去って行ってしまうような風景である。

加賀藩 長町武家屋敷跡 土塀の町並み

こうした水路は、水運だけでなく火災からの防備といった役割も果たしていた。

加賀藩 用水路

金沢は、一本入れば江戸時代。

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
旅の記憶
旅日記や城巡りなどの一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示