スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13 主計町茶屋街とひがし茶屋街の夜を行く

夜の茶屋街に行く。

金沢文芸館もライトアップされている。
否応なく茶屋街の夜景への期待が高まる。

金沢文芸館夜景

日中、あれだけの人数だったのが、人影まばらに、熱帯夜だけが昼間の胸が焼けるような日差しの名残を遺している。

まずは主計町茶屋街だ。
ここは昼でも勝手の知った観光客がいるだけで、ビギナー観光客はあまりいなかった。
夜こそまさにその特色が際立って、キムスコの向こう側で何やら楽しげな芸子と親父の話し声や何かしら和楽器を奏でる音色が静かに、たゆとうていた。

主計町茶屋街夜景 八巻

道には嫁と二人きりだ。
本来ここは男女が二人きりで来るようなところではないはずで、時代の流れが雰囲気をそのままに客層だけが変わっていった。

主計町茶屋街夜景

火の見櫓が見守る夜の坩堝の茶屋街散策。
相変わらず人影は疎らである。

火の見櫓夜景

ひがし茶屋街
時折、というか比較的ひっきりなしにタクシーが常連さんなのか、キムスコの影から出てくるお客を連れて去っていく。

ひがし茶屋街夜景 柳

景色は圧倒的に最高だ。それは間違いない。日本でも屈指の夜景名所と言い切って良い。

それより凄いのが、この街の持つ雰囲気だ。
人影まばらなのに、人がいない気がしない。
店の中にいる。
格子、キムスコの格子が人気を見事に消し去っている。

ひがし茶屋街夜景 月光

人は少ないが、いる。
でもその熱気は、ひょっとしたら昼間のそれより、ずっといきいきと熱いものを帯びて、この茶屋街の繁栄を下支えしているのではないか。
そんな事を思いながら、神奈川から来た珍客である我々夫婦は、茶屋Barなる、おおいなる矛盾を体験しようと試みるのであった。

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。