11 第34回 野々市じょんからまつり

野々市市に伝わる踊り・野々市じょんから踊りは、盆踊り芸能として市民に親しまれている。

野々市じょんからまつり2015

「野々市市文化会館フォルテ」と隣接する学校を主会場とし、近隣に住む市民だけではなく、神奈川県からもその祭り見たさに訪れるという(俺らだw)、伝統的なお祭りである。
もともとの起源はすでに歴史の中に埋まり今や謎であるが、「じょんから」という同じ名の踊りが、「津軽じょんから」として青森にも伝わっていることから、北前船などの海上輸送ルートで文化が伝搬していったのではないか。

野々市じょんから

嫁の字は張り切って、結婚式以来2年、滅多に使われないビデオカメラをしっかり構え、臨戦態勢であるが、私としましては空腹もあり、ひとまず焼き鳥とロングポテトに舌鼓したのでごじえます。

カキ氷は造り手のおっちゃんが失敗して多めにくれたのだが・・・味が薄く汗。

野々市じょんから 屋台

ともかく、野々市じょんからまつりは8/1と2の二日間、実に様々なイベント共に開催されているのであるが、夜はやっぱりメインのみんなで踊る盆踊り大会だ。
これも趣向をこらし、チーム戦にして上手さとか、個性を競うものになっている。
おまつりはこうでなくっちゃ!

野々市じょんから踊り

子供たちの可愛い踊り、ご当地キャラの奇妙な踊り、長年踊りつづけているベテランの踊り、ものものしい出で立ちの富樫姿のおっちゃん。なかなか見ていて面白い。

第34回野々市じょんからまつり

演奏も唄もアコースティックだ。
生演奏で臨場感が全然違う。

野々市じょんからまつり2015演奏

お祭り脇では夢灯路というライトアップの企画が行われていた。

野々市じょんからまつり 夜景

なかなか綺麗(*^-^*)

野々市じょんからまつり 夢灯路

子供たちも一生懸命つくったのだろう。

野々市じょんからまつり ライトアップ

私は新興住宅街で育ちましたので、地元のお祭りの神輿とかの激しいノリに全然ついていけず、的屋のお好み焼きとか焼きそばを食べながら、友達と夜店を何周も何周もした思い出ばかりが懐かしい。

今年は浦賀祭りに行こう。そんなことをここ、野々市で思った。

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示