12 弘前をゆく② 弘前駅界隈散歩

2015.05.02(土)5:30 晴

ぐっすりの嫁ちゃんにはゆっくりしてもらうことにして、Nは弘前城とは反対方向の弘前駅を目指してみた。

ちなみに初日の宿は弘前城からも弘前駅からも徒歩10分弱のハイパーホテル弘前。

駐車場は提携含めて有り。運よくホテルの駐車場に停めることができた(^^)/
ハイパーホテル弘前外観

正式にはホテルハイパーヒルズ弘前のようだ。
アメニティの、ロビーで自由に選べる、コンパクトサイズの可愛い抱き枕が面白い。

入口はなかなかお洒落♪
ホテルハイパーヒルズ弘前

宿泊特典でりんごジュースをくれた。
係のお姉さんも良い人だった(*´ω`*)

ホテルハイパーヒルズ弘前 宿泊特典のりんごジュース

再開発中の駅周辺を眺めつつ歩く。
やがてりんご色のまちHIROSAKIの駅前りんご広場に到着。

りんご色のまち HIROSAKI

弘前駅には、アプリーズというりんごを意識したネーミングの駅ビルが。

弘前駅 アプリーズ

駅前。りんごの風 なる像。
いつも思うが、こういう像って正直よくわからない(苦笑

弘前駅 りんごの風

駅のポストにもりんご。
青森、特に弘前ではこのようにりんごモニュメント探しも楽しみの一つ。

弘前駅 りんごのまち弘前 ポスト

駅改札前のモニュメント。
巨大な旧市立図書館とりんごがある。

弘前駅 モニュメント

弘前駅はJRと弘南鉄道の共用で、お城方面の中央口と、城東口がある。
城東口は閑静だ。

JR・弘南鉄道弘前駅

Nは改札口好きが好きだ。
特に旅先では、ここから未知の世界が広がっているようで、無性にテンションが上がってくる。

弘前駅改札口

キヨスクは朝早くから営業だった。
有名なラグノオのパティシエのりんごスティック(1本155円)。なかなか美味でした♪

パティシエのりんごスティック

駅から土手町へ続く遊歩道を歩く。
りんごのモニュは、反対側から見てもなかなかいいですぞ<^!^>

弘前 遊歩道のりんご

7分程で土手町通りに出る。
土手町界隈は弘前の中心地で、モダンな建物やお洒落なカフェも多い☆

弘前 土手町通り

一戸時計店は土手町のシンボルと言っても良い可愛らしい時計塔が魅力だ。

弘前 一戸時計店

弘前昇天教会聖堂は大正10(1921)年の頃の建築。
煉瓦造りの平屋建てで、イギリス積みと言われる。

弘前昇天教会聖堂

弘前はお城だけではなく、明治・大正の空気の残るレトロモダンな町でもあるのだ。

そして昭和丸出しの中央弘前駅。
良いねぇ!実にいい。
駅併設のお店の、りんごラーメンってのも気になるぞ、大いに!

中央弘前駅

こういう町で、本気で暮らしてみたいと時に思う。
大鰐温泉で宿経営してみたり(いっちょまえに2級ボイラー技士を高校時代に取得したw)

中央弘前駅改札口

夢のまた夢。
幻は旅先で見てればいい。現実はそう甘くないのだ(´・ω・`)

でも、弘前は物語になる、あるいは画題になるような風景の宝庫だ。
この町を題材に描く青春白書は、りんごの花のような、さぞ爽やかな物語となるだろう。

ホテルハイパーヒルズ弘前 手作りりんごジャム

ホテルの朝食バイキングには手作りのりんごジャムもあった。
何でもりんご!
日本のりんご生産の20%を担う弘前。
ほんとに、どこもかしこもりんご一色だ(*´▽`*)

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示