7 ○戸の由来と馬肉ラーメンと七戸城跡

三戸城跡から1時間程、奥州街道を走ると七戸に至る。

気になるのは「へ」である!
「へ」は「屁」にあらず「戸」のことだ。

岩手から青森にまたがって、一戸・二戸・・・九戸と、四戸を抜かして、○戸の地名がある。

奥州街道七戸松並木

糠部と呼ばれるこの地域は、古来から牧場の盛んな地域であった。
駿馬を育てるこの土地は鎌倉幕府も重要視し、官営の牧場とした。

その、牧場主として、これも駿馬が特産の甲斐からやってきたのが、南部光行なのである。
南部氏始祖の光行が糠部に派遣されたのは、甲斐の馬育成のノウハウを期待されてのことだったのだ。

南部氏は牧場経営を管理しやすくするために、一戸から九戸の区分けをし、拠点防衛と牧場経営を氏族縁類に託した。
その「戸」の地名を地図で追ってみると、奥州街道沿いに一戸から七戸があり、その真ん中海寄りに八戸、そして一戸の隣に九戸となっている。

あ、この形、三日月だ。。
南部家の領土の広さを讃える詩で

三日月の 丸くなるまで 南部領

というものがあって、版図が広いから、歩いていると三日月だったお月様が最終的には満月になりましたよ、という意味合いとしているが、地図を見る限り、もしかしたら岩手から青森まで、広大な領土を勝ち取って、三日月型だった版図が丸く広くなりましたね、という意味もあるのかもしれない。
そんな事を思った。

ちなみに、四戸は無い。
かつて武士に怨霊なしと言われたころはあったと思われる。
大刀腰に、箱根八里の磐根を踏み鳴らした武士もやがて公家化し、言霊信仰が強まって死に通じる四戸は消されたのだろう。


道の駅しちのへは、お土産、物産、食事処と揃っていて、活気も熱を帯びていた。

道の駅しちのへ

道の駅内のレストラン絵馬は豊富なメニューがあるが、イチオシは名産の馬肉!
地鶏の、シャモロックの親子丼も気になるが、1000円の馬肉ラーメンを食べることにした。

道の駅しちのへ 馬肉ラーメン1000円

馬肉ラーメン。馬肉は歯ごたえのある肉で、もちろん美味しいのだが、それよりなにより、味噌ラーメンとしての味の完成度が素晴らしかった。
馬肉の味が染みているからか、それはよくわからないけど、兎に角やたらと美味い味噌ラーメンだった。

それにしても、馬たちの像を見ながら喰う馬肉って・・・

ちなみにレストラン名となっている絵馬も七戸の名産である
七戸のうま

馬肉ラーメンを満足しつつ食べていると、嫁ちゃんから連絡が来た。
どうやら仕事が終わり、東北新幹線に乗る時間も決まったそうだ。

では、こちらもそろそろ青森市内へ向かいましょうかね。
と、その前にやっぱ七戸城も見ておこう♪

七戸城址碑

道の駅から車で数分。
七戸城跡は国指定史跡で、駐車場は何ヶ所かあって、本丸まで車で行くことができる。

すぐ横手の七戸神明宮が本丸代官所跡で、二の丸は柏葉公園として七戸城の規模をよく伝えていてなかなか広い。
 七戸城跡 二の丸

二の丸からの展望。

七戸城跡 二の丸跡からの展望

排水路か堀か、こういった遺構もよく整備されている。

七戸城跡 遺構

公園の南口に通じる道路は、かつて西館や角館などと本丸、二の丸を隔てた堀があったはずの部分である。

七戸城跡 v外堀

西館は特に整備されていない。

七戸城跡 西館跡

北館には建物の配置模型があって、建物復元予定地となっている。

七戸城跡 北館建物配置模型

北館から水堀を渡り、二の丸へ戻る。

七戸城跡 北館水堀

二の丸の土塁も、整然としていて恰好がいい。

七戸城跡 二の丸土塁

東門は奥州街道松並木の木を使い、復元されている。
場所がちょっと地味だけど、車も停められるので必見としたいところだ。

七戸城復元東門

七戸城は、もともとは蝦夷(この場合、アイヌというよりも東北の原住民?)の居館を改修したとされていて、本格的に城郭らしくなったのは、例の南部氏が入ってからで、現在の形になったのは南部から独立した津軽為信を始祖とする弘前の津軽氏を睨む支城としての役割を果たした戦国末期から江戸期であろう。

ここまで、八戸城三戸城、そして2012年には根城と、南部氏の城を巡ってきた。

四つ城を巡って、ようやく南部氏というものが見えてきた。
結果的に、南部氏は鎌倉時代から、大きな領地替えを経験することなく明治を迎え、華族に列せられた。
これはかなり稀有な例で、同じく中央政権から離れていた薩摩の島津氏など極めて少数である。

その歴史の中で、内紛で敗れた氏族も、独立した氏族もあったが、ついに完全に潰れるということは無かった。
戦い合いながらも、どこかに血縁同士という意識があったかもしれないし、お家が残るための共通の敵も、良いタイミングで出たのかもしれない。

三戸で買った、三戸せんべい(南部せんべい)を食べつつ、南部氏の歴史に思いを馳せてみた。
田子のにんにくは美味い。三戸のリンゴも美味い。八戸のせんべい汁も逸品で、七戸の馬肉ラーメンも名作だった。

嫁ちゃんと落ち合うまでの1日は、○戸巡りだったなぁw
そんな事を思いつつ、青森を目指した。

関連記事

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示