スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17 福岡篇⑦ 筑前国一宮 筥崎宮

2015.03.29(日) 夕方
上司さま数名を空港で見送り、居残り組の私と、直属上司さまと福岡城の夜桜を満喫し、ヤフオク!ドームへ歩きつつ思い出す昨秋の筥崎宮☆

ヤフオク!ドーム夜景

朝の博多中洲めぐりで登場した住吉神社が筑前一宮なら、日本三大八幡とされる筥崎宮も筑前国一宮なのである。


2014.09.26(金)昼過ぎ

地下鉄筥崎宮前で電車を降りると、すぐに参道だった。
振り返って参道の始点を見ようとすると、ずっと海まで続いている様子。

折角なので行けるところまで行ってみた。

お潮井浜から博多港と福岡都市高速

漁業の方の港の横合いから眺めることはできた。

お潮井浜

あの浜には行けそうにないなぁと思っていた矢先、子供連れのお母さんが、横道から浜へ入っていくのが見えた。

そこはお潮井浜というらしい。
この浜の真砂をてぼ(籠)に入れ、持ち帰りお清め、虫よけ、豊作祈願などに使用される。

春分と秋分にちかい「つちのえ」の日には社日祭としてお潮井とり神事が行われ、厄除開運の祈願が賑やかに行われる。

また、博多祇園山笠でもお汐井とりとして山笠期間中のお清めとして使われる、神聖な真砂なのだ。

お潮井浜鳥居

さて参道をこのまま参りたいのであるが、道路の手前で柵が張られているので、いったん元来た道を引き返し、参道を再び歩く。

この先柵で通れない
お潮井浜参道

立派な大鳥居と常夜燈。
鳥居は石鳥居だ。参道はかなり広々である。

筥崎宮 大鳥居

同じく石の二之鳥居をくぐり、一之鳥居は黒田長政建立の鳥居で、筥崎鳥居と呼ばれる珍しいもので、国の重要文化財に指定されている。

筥崎宮 一之鳥居 重要文化財

境内も広々であるが、祭礼時には人が殺到するであろう。

筥崎宮境内

楼門で参拝をする。

筥崎宮 楼門 重要文化財

楼門、拝殿、本殿は重要文化財だ。
千利休奉納の石灯籠も境内にあり、そちらも重文となっている。

宇佐・石清水とともに日本三大八幡宮に数えられ、武神として武士からの信仰が篤い。
祭神は主祭神・応神天皇で、神功皇后、玉依姫命が祀られている。

敵国降伏の額が掲げられる筥崎宮。
覇道ではない、王道であるべきと説いている。
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。