7 長崎編⑦ オランダ坂と東山手居留地跡

路面電車は築町で乗り継ぎである。
乗り継ぎを待ちきれないで歩いてオランダ坂を目指す。

ちょうど長崎の新地中華街が近かったので通り抜けることにした。

長崎新地中華街

中華街は以前、横浜の元町中華街で不快な思いをしたので敬遠しているのだが、せっかくなので雰囲気だけ楽しんで通り抜けた。

ながさき出島道路

龍馬の道を歩き、ながさき出島道路高架をくぐった先に、大浦東山手居留地跡の碑をみつけた。

大浦東山手居留地跡

龍馬の道から左折して坂を登ると、そのうち例の坂に至るわけだ。

札幌市時計台、はりまや橋、守礼門などと並び、日本三大がっかり名所と不名誉にも謳われているのが、このオランダ坂です。

オランダ坂

がっかり名所としては、はりまや橋が群を抜いてショボイ。
好きだけどショボイw
女学校に向かって坂を登るという点でオランダ坂はテンション点が少し上回る。


オランダ坂の魅力は、長崎市東山手重要伝統的建造物群保存地区に指定されている、居留地跡であろう。
坂だけを見ると単に坂なのだが、坂が織りなす洋風の景観は、やはり素晴らしいものだ。

東山手甲十三番館

坂のすぐ始まりの所に、東山手甲十三番館というお屋敷がある。

東山手居留地跡 十三番館廊下

甲十三番館は無料の休憩所になっていて、コーヒーやカステラを食べることができる。

東山手居留地跡 十三番館ベランダ

この日(2015.03.28(土))はspringsailと銘打ってコーヒー300円が150円。カステラセット390円が250円、カステラアイスセット450円が300円とお得だった。

東山手居留地跡 十三番館居間

にもかかわらず、一人旅の心細さから楽しそうに談笑する人々の中に分け入ることができず、屋敷の中だけしっかり見せてもらってカステラは食べられなかった(;´∀`)

坂の先には十二番館。
桜が大分良い感じ。明日か、明後日か。

東山手十二番館

そういえば石焼トルコライス以来、飲まず食わずだ。
嫁ちゃんと来てたりすれば、中華街で食べ歩きとか、十三番館でカステラとコーヒーも出来るんだけど、一人だといっつもこうなっちゃう(笑)

東山手十二番館の桜

函館、横浜と共に開港され異国の文化が入った長崎、居留地は、その異国の人々が滞在したり、各国の領事館になってたりした場所なのである。

大浦居留地

赤レンガに瓦が乗っかってる。物珍しい風景だ。

東山手居留地跡 赤レンガと瓦屋根

重伝建を見て回れば、オランダ坂の魅力はがっかり名所どころか、文化と文化が混じり合ったとき、どんな化学反応が起こるのかを実感できる国際的な名所である。

日本三大がっかり名所 オランダ坂

坂だけ見てがっかりと言ってしまうのは
ちょっと木を見て森を見ない発言なのではないでしょうか?
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
旅の記憶
旅日記や城巡りなどの一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示