13 宇和島城

3日目の宿は宇和島リージェントホテル。
夕飯は四国を中心にチェーン展開をする「焼肉じゃんじゃか」宇和島店で焼肉をたんまり。

宇和島城ライトアップ

夜めぐりは、懸命に宇和島城のライトアップベストスポットを探すもなかなか見つからず。

宇和島城夜景

試みに「空角の経始(あきかくのなわ)」と呼ばれる藤堂高虎の縄張りである、五角形の街並みを歩いてみた。
天守のある80m程度の小丘陵の周りの街なみは、今でも五角形だ。

夜の、真っ暗な宇和島の民家の並ぶ街。学生の男女が自転車で通り過ぎた。
この町で生まれ、この町の風に吹かれ、この町で夢を持ち、この町で恋をして。そしていつかこの町を忘れるのだろうか。
などと思いすごしたりした。

「四方の間、合わせて十四町」と徳川の隠密を騙し切った宇和島城下は、熱帯夜の蒸し暑さと閑街の静けさが混沌としていた。


4日目 2010.08.04(水)

宇和島リージェントホテルから程近い南側の登り口、上り立ち門から登城する。
上り立ち門は、武家の正門とされる薬医門であるが、搦手筋にある。

宇和島城 上り立ち門口

現存の薬医門としては、国内最大クラスの貴重な現存建物で、市指定有形文化財に指定されている。

登城口はまるで山城に分け入っていくような風体である。

宇和島城 古城の趣

石垣は苔むしている。
真夏の蒸し暑さも相まって、さながら東南アジアの寺院遺構のような雰囲気だ。

宇和島城 苔むす石垣

登城道は幾度も折れ曲がり石垣に囲まれている。

宇和島城 枡形

土俵も。城跡に多い土俵の謎。

宇和島城 土俵

野面積石垣がそびえている。

宇和島城 石垣

古城の雰囲気が実に素晴らしい。
現存天守だから、それなりに小奇麗に道中も整備しているのだとばかり思っていたけど、廃城感が悩ましいほどあっていい!凄くいい!!

宇和島城 石段

15分程登ると空が見えてきた。

宇和島城 石垣と空

ふと振り返ると、OH!!

二の丸口から宇和島現存天守

二之丸入口でついに天守お目見え(´_ゝ`)

二之丸は緑の落ち着いた雰囲気。

宇和島城 二之丸跡

本丸からは宇和島港が一望。
なんてすばらしい下膨れの平安美人的港。
九島が隠れ蓑になって、高虎好みって感じだなぁ(;´∀`)

宇和島城から宇和島港

天守には車寄せと言う唐破風の入口がある。
こんなに大らかに来訪者を迎えてくれる天守は比類がない。

宇和島現存天守

入口には伊達政宗の先祖が源頼朝から貰ったという「竪三引両紋(たてみつびきりょうもん)」があしらわれている。

伊達家紋「竪三引両紋(たてみつびきりょうもん)」

天守は9時からとなっているが、8:30すぎなのに入れてくれた。
料金200円というのも悪いくらい安い。。。もっと取って修繕費に充ててくれてもいいのに。

宇和島城 天守内部

天守からは宇和島港や城下、山々を見渡すことができる。
ほとんど山で、一方だけ海なのが宇和島という土地だということがわかる。

宇和島城 天守からの眺望

天守に障子とは珍しい。
現存天守で障子があるのは宇和島城だけらしい。

宇和島城 天守の障子

天守から出て本丸を眺める。
思いのほか大きい。天守も見た感じより大きいが、城郭としても本当はもっと大きいのだろう。

宇和島城 本丸

天守を降りたら晴れ間が出てきたので、天守の写真を取り直した。
さっきは曇っていて薄暗かったので、ラッキーだ(*´▽`*)

宇和島城現存天守

本丸の一角にちょこんとあるだけの感じだけど、千鳥破風と唐破風、なんといっても車寄せが絶妙に味を出していて、どの角度で見ても飽きの来ない意匠だ。

本丸から宇和島城天守

帰りは大手筋から降りる。
宇和島城にあった三つの井戸の内、もっとも重要視されていたもの。
郭の名も井戸丸といい、井戸丸御門・井戸丸櫓などで防御が固められていたという。

宇和島城 最重要の井戸

入口まで降りると、江戸中期創建と言われる、宇和島藩家老であった桑折氏武家長屋門が移築されている。

宇和島城 長屋門口

なんだか取って付けたような長屋門に、宇和島ではじめて拍子抜けを喰らい、一行は宇和島での短い滞在を終えるのであった。

もう一回、ゆったり宇和島でしてみたいな!
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ドキドキしながら書き込みしてます!

只今、私初体験中(笑)
こうやってコメントするの初めてなんですよ(≧∇≦)キャー♪

一種の告白みたいで照れますが…
ぬたーむさんの言葉の選び方好きだなって思いました。

素直な言葉って印象でストレートに言葉が溶けこんで来るというか☆
単純にすごいなとも思いました(;≧∇≦)

私…もうずっと良い事なくて。。
自暴自棄までは行ってないんですけどほぼ近い状態で(汗)

だから思い切って連絡しました(◎>U<◎)
迷惑であればコメント即消してくださいね。

緊張しながらも楽しみにぬたーむさんからの連絡待ってます(o^∀^)
プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示