7 今治城 ~バリィさんのいなかった夏~

高松城・中津城とともに、日本三大水城と称されるのが、この今治城だ。

この夏、静かに燃え広がっていた時代の「流れ」を、我々は知る由もなかった。
バリィさんは、2009年に誕生し、2010年の夏、半年で3000個を目標に作られたストラップは2週間で売り切れた。

今ではゆるキャラは一村一匹と言って良いほどに世に広まったが、このころはまだまだ過渡期で、奈良のせんとくんが話題になり、ゆるキャラの幅が「かわいい」から「きもかわいい」など、より個性の方向性が広がっていった時期だったと思う。

昭和60年外観復元の御金櫓。内部は郷土出身作家による現代美術館
今治城 御金櫓と天守

そんな時代に巡った記憶である。

見た感じでは、櫓に天守もあり、多聞櫓も取り揃えられているので壮観だけど、実は堀と石垣以外は全部再建である。

今治城 鉄御門と武具櫓

指定史跡 という立派な石碑もあるが、国ではなく愛媛県指定史跡だ。

今治城跡碑

大手は土橋になっている。

今治城 大手

正面を見ると、鏡石がある。城主の威容を誇る、城の大手に掲げる石だ。
普請奉行の渡辺勘兵衛の名を取って、勘兵衛石と呼ばれていたようだ。

今治城 多聞下の鏡石

大手は枡形になっており、鉄御門が資料に則り可能な限り復元されている。
復元資金は民間からの募金なのだそうだ。

今治城 鉄御門

鉄御門をくぐると、あっという間に二の丸となる。
往時は三重の堀に囲まれた壮大な海城であったが、今では内堀と、外堀の名残を残した小さな川が残るのみである。

今治城 本丸

平成19(2007)年、復元された鉄御門とともに築城400年記念事業の一環として、築城主の藤堂高虎像が設置された。

今治城 藤堂高虎像と天守

出ました藤堂高虎!
古今比類なき築城の名人!
三重の津城、伊賀上野城、最近話題になった熊野の天空の城・赤木城など、他にも様々なお城に引っ張りだこの藤堂高虎。

今治城 猫

城内にある大きな神社は、古来より今治各所で崇拝されてきた神々を合祀し奉った総合神社で、天照大神(あまてらすおおかみ)・八幡大神(はちまんおおかみ)・事代主大神(ことしろぬしのおおかみ)・大己貴大神(おおなむちのおおかみ)
そして藤堂高虎を祀っている。

今治城 吹揚神社

天守は独立式望楼型五重六階の、模擬天守である。
外観復元の体裁を文章の上ではうたっているが、そもそも天守があったかどうかが不詳なのですって。

天守台の遺構も見つかっておらず、したがって天守が建っている場所も当てずっぽう。

さて天守の有無については色々な学説があるけど、人の意見なんか一顧だにせずw
Nなりに考えてみた。

天守は無かった!
と思う。
今治城が築城されたのは慶長7(1602)年着工~慶長9(1604)年落成だ。
関ヶ原にて徳川東軍が石田西軍を撃破したのが慶長5(1600)年で翌々年に征夷大将軍となり徳川幕府が開府。

家康が徳川幕府の足固めをしている慶長7年ごろ。
天守を建造するなんて自殺行為だ。
福島正則も広島城の改築・城下町や街道整備を咎められ謹慎させられている。

藤堂高虎は勝ち馬に乗る名人だ。
その遺訓は彼の存命時点から250年以上未来の、幕末の戦乱の際、真っ先に徳川を見限る離れ業をやってのけるほど徹底的に研ぎ澄まされた感覚なのだが、まさに藩祖の高虎は何度も主君を変え、仕えた主君は必ず栄え、見限った先君は必ず滅びた。

つまりそんな天才的政治感覚を持つ武人が危険を冒してまでお飾りの天守を造るはずがないのである。
「金かけても潰されるだけさ」
そう思ったに違いない。

徳川の偵察が家康に天守がありませなんだと報告したとき、「賢い奴だ」と家康に売り込み、自身の二心の無きを知らせる効果があったと見た。
高虎の面白さは、それでも天守があったかのように思わせる資料や伝承が残っていることだ。
目くらましか、見栄か、それとも軽いジョークなのか。
ともかく瀬戸内の海に面した名城は画竜点睛を欠くが如く、天守のない、一種間の抜けた可愛げのある城だったのだろう。

異常がしったかぶりのNの推理である☆


天守に登り、ぼんやりと海を眺める。北東が大手で、海だ。
大手が北東なのは、丸亀城で考えたように海への玄関口が北側だからだろう。
侍に怨霊なし
という言葉もあるが、江戸城など風水に基いた城下町もある。
あやふや、という事で日本の信仰心は一貫している。

今治城 天守からしまなみ海道

平成2(1990)年に再建された山里櫓の方に降りてみる。

今治城 模擬天守

城址碑が。

今治城址碑

今治城はここからが一番かも。
海水のお堀と山里櫓、天守。

今治城 山里櫓と天守

海水堀には鯛やヒラメ、チヌ、ボラ、サヨリにウナギ、エビなどが生息している。

今治城 お堀に鯛

武具櫓と天守、山里櫓。
これも絵になる!

今治城 武具櫓と天守と山里櫓

石垣は直に堀には入らず、犬走りという、高虎得意の普請が施されている。
これは城郭の重みに耐えるため、地盤を安定されるために設けられているとされる。

伊勢の津城や丹波篠山城など高虎の城にはけっこう用いられているのだ。


往時の今治城の様子が、天守の有無を含めどんな感じだったのか、巡りつつ考えてみたが、再建、復元された櫓や天守を見ていると、より一層わからなくなってくる(笑)
ある意味それが魅力かもしれない。
つかみどころのない城。それが今治城。
つかみどころのない男。それが藤堂高虎。


道の駅 風早の郷 風和里で今治特産の今治タオルを購入し、夕方に至って尚蒸し苦しい瀬戸内の海を眺め、一行は伊予松山にむかうのでありました。

風早の郷 風和里手前の海


関連記事

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示