スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6 川之江城はお休みです。

2010.08.02(月)12:00

この旅のスケジュールは親父が決めた。
Nは宿予約と行きたい場所のリクエストをし、あとは親父任せ。

たいてい自分で旅程は組むのだが、仕事が忙しくほとんどお任せだった(まぁ自分で作ったとしても大体同じようになったろう。父子の血のつながりは変に濃いのだ)。


川之江城が見えてきた。

川之江城遠景

城址碑があり、「南北朝動乱の頃」ではじまる、豪族河野氏が築いたという川之江城、別名仏殿城の城史が木の看板に刻まれていた。

川之江城碑

櫓門は立派に外観復元されている。
正面から見たときの、門の向こう側に枡形石垣の図式は見事であった。

川之江城 櫓門

二の丸には涼櫓。これも外観復元。
土俵があった。

川之江城 涼櫓

たまぁに、あるのよね、城跡に土俵。。。www


櫓門をくぐると、基本的な枡形になっている。

川之江城 桝形

川之江城模擬天守。

川之江城模擬天守

どこか清州城に似ているような。

川之江城 模擬天守

やけに静かだと思っていたら、タイトルでネタバレしたように、休館日だったのだ。
天守から眺める瀬戸内のパノラマは素晴らしいということであったが、残念(もう来ないだろう)。。。

川之江城 姫ヶ嶽から瀬戸内海

そのかわり、姫ヶ嶽からの眺望を楽しんだ。
向こう側に見える島は、いりこの産地・伊吹島だ。

姫ヶ嶽は、戦国末期に忙殺された城主の後を追って、娘であるお姫様がこの崖から身を投げたという悲しい伝説が残っている。

姫ヶ嶽 海に身投ぐる いや果ても うまして入りぬ 大名の娘は

与謝野晶子が詠んでいる。
関連記事

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。