スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4 特別名勝 栗林公園 ~ことでんとともに~

栗林公園は2009年、ミシュラン観光ガイドに『わざわざ訪れる価値のある場所』として最高評価の三ッ星を獲得した日本庭園である。

国指定特別名勝!!
国指定特別名勝は日本三名園や日本三景、御岳昇仙峡瀞八丁などが選定されている、景色景観の国宝ともいうべきものだ。

特別名勝 栗林公園

栗林公園は戦国時代の元亀・天正のころ、豪族の佐藤氏によりその原型が造られ、江戸期にも修築を重ね、明治・大正に至るまで発展し続けた、歴史が造った名勝なのだ。

栗林公園 鶴亀松

公園内は大きく南庭と北庭に別れ、南は江戸期に完成を見た回遊式庭園、北は元鴨場であったものを明治・大正期に近代的に改修した庭園となっている。

栗林公園 商工奨励館

庭園、というと、どことなく涼しげな気分がしてくるのだが、瀬戸内の潮風の蒸し暑さときたら、まともにお庭を巡ろうという気も削がれるほどに過酷な庭園であった。

栗林公園の猫

栗林公園の見所多数あれど、この紫雲山からの芙蓉峰は抜きんでている。

栗林公園 紫雲山

芙蓉峰とは富士山の別名で、この栗林公園そのものがその芙蓉峰を借景に成り立っており、庭園のスケールをひときわ大きく美しく魅せる役割を果たしている。

栗林公園 芙蓉峰から紫雲山

小さな水の流れを眺め、思わず手を差し伸べ、その冷たさにやっと少し落ち着いたものです(;^ω^)

栗林公園 水

園内の物産館を訪ね、初日の宿、ホテル川六 エルステージにチェックイン。
元々は老舗の旅館であったため、和室もあり、露天風呂「かわの湯」と大浴場「ろくの湯」
がある。

ホテル 川六エルステージ

この夏(2010年)、あまりにモテない浦賀人は半ばやけくそになって「そうだ肌を焼いてみよう、焼けば・・・」などと浅はかな思考をし、浦賀の海で無駄に日焼けをし、風呂に入る度ひーひー言って破け始めた皮膚をはがして遊んでいたりしたのだが、この川六時点ではようやく痛みも緩和され、気持ちよく一日の疲れを大浴場で癒せたのだった。

一日の疲れと言うより、社会生活での幾夜の不眠を癒したと言えるだろうw
2010年のあの夏はなかなか人生でも大変な時期であった。
旅でもしてなきゃやってられるか!そんな感じだった。


ところで。
香川県には高松とこんぴらさん(金刀比羅宮)などを結ぶ、ことでんという電車がある。

琴平町榎井第2踏切のことでん
ことでん

高松琴平電気鉄道と、正式には言うが、こんぴらさん同様ことでんと呼んだ方が通りが良い。

琴平電鉄

讃岐平野を走ることでんは、トンネルが一ヶ所もない路線で、日本一トンネルが多い街と言われる横須賀とは大違いだw

高松琴平電気鉄道

夕方と翌朝、高松近辺を独り歩きながらよく走ることでんに遭遇して親しみがわいた。
親父もおばちゃん達もお疲れで、宿でまったりしているという。

堀端からことでん

城のすぐ近くの、高松港を望む岸壁で海をしばし眺める。
海は広いばかりのものと信じていたが、こうして島や陸に囲まれた海もあるもんなんだなぁと感心していた。

高松港

狭い閉塞された海から広い海へ出られた時の気分っていったいどんな感じなのかな?
そんなことを思ってみたりもした。

夜ご飯は高松城近くの
ステーキハウス 千萬 高松店
で美味しくお肉を食べた。随行のおばちゃん達がおごってくれた♪

夕食後、また独りで、こんどは高松城散策をした。
その模様は次回に譲る。
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。