46 しまなみ海道④ 生口島 耕三寺とドルチェ

因島から生口橋を渡り、生口島(いくちじま)に到着。

生口橋

因島や佐木島を眺める海沿いの道を走り、旅行中のポスターで知った耕三寺へ行ってみた。

耕三寺 城郭風住居

いきなり城郭風建築物のお出迎えも凄かったが、後からの印象が強すぎて帰ってから写真見直して思い出したほど、耕三寺は凄い場所だった。

潮聲山 耕三寺

耕三寺(こうさんじ)は、浄土真宗本願寺派の仏教寺院である。
「西の日光」と称される。

耕三寺 五重塔

西の日光とぶち上げる理由は、日光東照宮の陽明門を原寸復元した孝養門があるからだ。

日光陽明門の原寸復元 孝養門

入館料1200円。
何か異様な館内の雰囲気に浦賀人たちは「?」が沢山頭の上に出た。

耕三寺 本堂

本堂は平等院鳳凰堂を模している。
そうここは、いうなれば寺院風博物館で、堂塔伽藍のことごとくは奈良・平安期の浄土教の寺院を模して造られた西部奈良平安スクエア(東武ワールドスクエア的な・・・)なのである。

といっても単にパクリではなく、その多くは国から美術、芸術的評価をされ、15の建造物が登録有形文化財に指定されている。
更に、所蔵する16もの歴史的美術品、文化財が重要文化財指定されている。

さてそうなると、このような奇抜なお寺を一体どんな人が考案したのか気になるところ・・・

その人物は、鋼管製造業で財を為した実業家・金本 福松(1891-1970)。
金本 福松は、父は早世したが、母をその分大切にした人で、事業に成功した財産で母の住まいとして潮聲閣を作った。

その後母が亡くなると、その菩提を弔うために出家し、耕三と号し、潮聲閣の隣へ耕三寺建立を始めた。
昭和10(1935)年、43歳のことである。

戦前にはすでに建築が始まっており、昭和45(1970)年78歳で亡くなるまでに建立した建造物は20を超える。

耕三寺 千佛洞地獄峡

佛洞地獄峡に入ってみる。
富士山の熔岩と浅間山の焼石を鉄筋コンクリートで固めて岩組してあり、全長は350mにもなる。なかなか不気味な空間だ。

耕三寺 地獄峡

そしてこの精神的効果抜群な、地獄から這い上がってからの

耕三寺 救世観音大尊像

救世観音大尊像。

N「ここはヤバいわ、脳が持ってかれるw」
Y「確かに、文化財指定は凄いけど、なんかちょっと軽いっていうか」
T「何とも言えないね」
W「なんか体調悪いわ(←後に季節外れのインフルエンザと判明(苦笑))」

耕三寺 ふじだな

極めつけは総大理石な未来心の丘。
すべての生命あるものが参加できる空間と謳うその景観はやはり異様異様異様。

未来心の丘

メタモルフォーゼってこんな感じじゃなかったっけ? ←全然違った
沈みゆく太陽に対する合掌なんだそう。

未来心の丘 合掌

丘からの景色は良かった。

未来心の丘からの景色

城郭風の建築物はどうやら迎賓館らしい。

耕三寺の城郭風建築物

怒涛のような新興芸術の嵐に胃もたれ気味になってしまった一行は、耕三寺の徒歩至近にある有名なドルチェに赴き、お口直しをば

ドルチェ

伯方の塩ジェラートを食べ、今回は立ち寄りを断念した伯方島に思いを抱くのであった。

ドルチェ 伯方の塩

県道81号を海沿いに走るといつの間にか国道317号になっている。
やがて多々羅大橋が見えてきて、その先の生口島南ICからしまなみ海道に乗り・・・

生口島から多々羅大橋

5kmもないくらい先の、大三島ICで降り、大山祇神社を目指すのであった。

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示