43 しまなみ海道① 向島風景

広島県尾道市から愛媛県今治市を結ぶ西瀬戸自動車道は、一般に瀬戸内しまなみ海道とか、しまなみ海道と言った方が通りが良い。

七つの島を七本の橋(来島海峡大橋三連橋を三つで数え10とする場合も)で結ぶ、総延長およそ60kmの自動車専用道路である(扱いは国道317号)。


浦賀人一行は尾道側からしまなみ海道を制覇すべくグランドライン(しまなみ海道)に入った。

尾道からすぐ目の前の向島(むかいしま)に入島。
まず手始めに、寛永12(1635)年に建築され、日本最古の農家として重文指定された吉原家住宅に赴くも休館日で空振り。

国重文 吉原家住宅

失意も何のその、海沿いに出て車を走らせる。
しまなみドライブだ。

向島の東側の瀬戸内を走っていると、まさに島並の道が続く。
車を停めて、海の写真を撮る。

写真右に見える小島は下江府島、しもえぶしまと言う。
すぐ近くに上江府島もある。

向島 下江府島方向

もう少し先に行く。
今度は妙見鼻のあたりから因島大橋が見えた。
因島は因島水軍で有名な島で、水軍城はこの後立ち寄る予定だ。

妙見鼻あたりから因島大橋

釣りを楽しみに来ているカップルらしき男女がおった。
島の多い瀬戸内だが、それでもこうして海は広々とした印象を受ける。

妙見鼻カップル

観音崎という岬に行ってみたかったのだが、なかなか行き方がわからず、至近なはずの向島マリンユースセンターに車を停め徘徊してみた。

向島マリンユースセンター

ここでは小学生と思しき子供たちが体操着で元気に遊ぶ風景があった。

マリンユースセンターこどもたち

妙見鼻のカップルにしろ、一篇の風景詩を見ているような向島ののどかな日常に出会えた。
観音崎は断念だ(苦笑

因島大橋

ちなみに旅行時はもちろん下江府島や妙見鼻、それどころか向島など地名は頭には無い。
帰った後、地図と写真を見比べてここはどこそこだったと初めて認識してしったかぶっているのである。

一行は因島をめざししまなみ海道に戻った。

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示