41 広島城

瀬戸内浦賀人旅。
2013.05.02(木)

国史跡・日本百名城の広島城は美しい。

三の丸から二の丸の太鼓櫓・多聞櫓・平櫓を望む。

左奥・平櫓 石垣に沿って長い屋根が多聞櫓 正面が太鼓櫓
広島城 復元太鼓櫓・多聞櫓・平櫓

二の丸の各櫓は資料によって忠実に復元されており、内部の見学もできる。


内堀と本丸の石垣を望む。

広島城 内堀から本丸

多くの櫓があったのであろうと想像ができる。
石垣が堀に張り出しているところが櫓があったであろう場所だ。


お堀沿いに歩いていると、池田勇人君の像があった。

内閣総理大臣 池田勇人君

池田勇人くんは、第58~60代内閣総理大臣である。


本丸への入り口は二ヶ所。
一ヶ所は馬出の構造になっている二の丸を通る南側の表御門と、東側の裏御門がある。

表御門は復元されているが裏御門は石垣と堀の静かな風景だ
広島城 三の丸から本丸へ

更にお堀沿いを歩く。とりあえず堀は一周するのが城めぐりゃーの神髄w

北東部に、被爆樹木があった。
クスノキで、爆心地から1120mほどあったが、爆風の影響か、放射能の影響か、途中で折れ曲がっている。

広島城 被爆樹木と天守

他にも城内にマルバヤナギ、クロガネモチ、ユーカリが被爆樹木として今でも生き残っていた。
また石垣も、被爆し変色してしまったものが残っている。


お堀を歩くうちに、天守の表情も変わっていく。
5月の広島の夜と朝はめっぽう寒かったけど、こうして歩いていると、だんだん暖かくなってきた。

広島城 内堀から天守

天守は現存していれば国宝だったであろうが、表御門、太鼓櫓などとともに原爆で倒壊した。

広島城 内堀から復興天守

戦後復興されたが、鉄筋コンクリートの外観復元にとどまった。

広島城 内堀から復元天守

仲間たちと歓談しつつ45分ほどで一周。
二の丸への復元御門橋を渡り、平櫓を眺めつつ表御門をくぐった。

広島城 復元御門橋・表御門・平櫓

二の丸は馬出になっている。
馬出は兵馬の出撃拠点であり、本丸への虎口を守る機能を持つ。

広島城 二の丸

広島城の馬出の配置は近世城郭の中でも特異であり珍しい。
と案内板に書かれていたのだが、残念ながらどう珍しいのかいまいちわからなかった(苦笑)


本丸石垣上から二の丸を眺める。
仲間たちはまだ二の丸でまごついていた。

広島城 本丸から馬出の二の丸

何故か知らないが、Nは他のメンバーに比べて史跡や資料館を見て回るのがやたら早いらしく、多分一番歴史好きな筈なのに、いつも一等賞で見物を終えているのだ。

広島城本丸は上下二段に分かれている。

広島城 本丸下段

下段は中国軍管区司令部の地下通信室跡や護国神社がある。
地下通信室跡は、原爆が落とされた際、辛うじて通信機能を保ち、原爆投下の第一報を働いていた女学生が伝えたという。
今でも折り鶴が手向けられていた。

中国軍管区司令部の地下通信室跡

護国神社には9万2千余柱の御霊が祀られているが、戊辰戦争の死者や明治以降の戦役・事変の死没者を祀るほか、1万柱あまりは公務での原爆被災者の御霊を祀っている。

広島護国神社

本丸上段は大本営跡でもあり、西北の端に五層五階の天守がある。

広島城 本丸から天守

時間もちょうど9時となり、開城の時間になった。

広島城

城内は貴重な広島の資料館となっており、築城当時から明治維新、原爆投下を経てその後の復興を見ることができる。

広島城 石落とし

天守からの眺めは開けていて、城跡公園の緑とけっこう都会な広島の街を見渡せる。

広島城天守からメルパルク方面

広島城は戦国時代に毛利輝元が築き始めた城だが、改易により防長へ押し込められた。
その後入った福島正則がほぼ完成させるが、これも改易され浅野氏が入り明治維新まで存続する。

天守は毛利輝元の時代に築かれた。
福島正紀が改易の原因となった無許可の石垣修築を咎められた際、潔白を証明するために破壊した石垣が残っていた。

2008.05.19(月)16:50撮影
広島城 福島正則が崩した石垣

それにしても、泰平の世250年間にも崩れっぱなしにするとは、一見だらしないが、やはり幕府を憚っての処置なのだろう。

石垣には刻印が刻まれているものがある。
普請の際に業者や藩が穿つ場合があったのだ。

2008.05.19(月)16:50撮影
広島城 石垣の刻印

たまたま見つけたのだが、萬象園の礎石が場外にあった。

萬象園の屋形灯篭・礎石

萬象園は、縮景園に次ぐ名勝だったとされる庭園のようだが、殿様の腰掛け石などとともに集約され、西日本電信電話(株)広島支店に置かれていた。


実は昨夜も、さんざんお堀の外周を散策し、広島城のライトアップを楽しんだ。

広島城 復元二の丸夜景

夜の城めぐりはちょっと怖いw

広島城 外観復元広島天守夜景

夜でも天守の所まで入っていける。

広島城 外観復元天守夜景

広島は昼も夜も賑やかだったが、城近辺は静かであった。

広島城天守夜景

原爆からの復興の象徴するように、広島城は天守を復興し、櫓を復元して来た。

広島城 復元天守夜景

太田川河口のデルタ(三角州)に築かれた広島城。

内堀から広島城夜景

今では山陽山陰最大の都市として
中国地方の経済や文化の中心地として栄えている。


関連記事

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示