40 串本 ~紀伊大島とトルコのこと~

地図で見ると、一見、串本町の南部は島のようである。
しかし、幅400m程で辛うじて本土と地続きだ。

その東側にある、こちらは本物の島であるが、紀伊大島という。
もとは大島と言っていたが、大島なる島名を名乗る島は日本中にあることから便宜上、紀伊大島と正しく名乗るようになった。

紀伊大島から苗我島
紀伊大島から苗我島

紀伊大島へは、くしもと大橋が苗我島という小島を経由して掛かっており、通行可能である。

くしもと大橋

ここは串本 向かいは大島
中をとりもつ 巡航船
アラヨイショ ヨイショ コイショ
ヨイショ ヨイショ
(ハァ オチャヤレ オチャヤレ)

ここは串本 向かいは大島
橋をかけましょう 船橋を

潮の岬に 燈台あれど
恋の暗路は 照らしゃせぬ

岬 岬は 七浦岬
潮の岬は 荒波じゃ

日和東風じゃげな 沖ヤ白波じゃげな
御殿やられよか あの中へ

一つ二つと 橋杭立てて
心とどけよ 串本へ

大島水谷 かかりし舟は
おゆき見たさの 潮かがり

障子明ければ 大島ひと目
何故に佐吉は 山のかげ

串本

串本節は、嵐が多く風待ちの港として栄えた串本の民謡で、酒の席などで賑やかに謡われた。
この民謡が全国区になったのは大正期で、もともとは千葉の「白桝粉屋」という民謡が江戸末期に旅芸人などにより伝えられ、串本風の調子になったとされる。

「江差追分」は中山道の追分宿から街道沿いに日本海に出て、そこから海路、北海道の江差に伝わり江差風に変化した。
串本節も似た経緯の変遷があるようだ。
串本に関しては街道からも海路からも文化の交流があったろうから、レコードと言う文明の利器も手伝って一気に全国区になった。

なんにしても、民謡というものは、その土地だけの独自ではなく、他の領域からも大いに影響を受け、刺激しあって発達したものが多いように思える。


さて、串本といえば、トルコとの友好関係を思わずにいられない。
エルトゥールル号の遭難のことだ。

紀伊大島は樫野崎に、遭難慰霊碑がある。

2010年10月9日(土)撮影 遭難慰霊碑
樫野崎

1890年。オスマントルコ帝国の使節団が来日・明治天皇に拝謁した帰り、串本沖で台風に遭遇し、エルトゥールル号は沈没。
乗員650名中581名が死亡、生存者69名中58名が負傷、38名の重傷者という大参事でった。

事件の知らせを受けた明治天皇は直ちに医師や看護婦の派遣を決めたというが、串本ではすでに町民が総出で被災者の救済活動を行っていた。

この時、串本は台風によって漁にも出られず、自らの食料備蓄も僅かであったにも関わらず、衣類はもちろんのこと、サツマイモや卵、そして非常用の鶏までも供出し、生存者69名を生還させた。

時は流れ1985年。
日本人がイランイラク戦争に現地で巻き込まれ、砲弾の中に孤立するという事態に直面した。
邦人約200名を救おうと日本の航空会社は飛行機を飛ばそうとするが、イラクにより撃墜される恐れが大きすぎるため、国や労組の反対によりまごつき、状況は絶望的に思えた。

もはや日本から飛行機を飛ばしても間に合わない。
その時、なんとトルコの飛行機2機が、日本人を乗せて脱出させてくれたのだ。
しかも、本来自国民を乗せて避難する予定の所を、自国民は陸路で、日本人を優先して空路救出してくれた。

トルコの人々はエルトゥールル号の話を教科書に載せ、ずっと忘れずにいてくれたのだ。
感動的な救出劇も「恩を返したまで」と言いきったという。

胸が震えるような話だ。
100年前のご先祖の行いが起こした奇跡。
人情深いトルコの人々の想いが起こした奇跡。
歴史が起こした壮大な奇跡。

ありがとう、トルコのみなさん!
ソープやヘルスをトルコ風呂なんて呼んで本当にすみません。
これからも、ぜひ私たちと仲良くしてください。


自分を含め、多くの日本人はトルコがどんな国か、全然知らないだろう。
でも、日本もトルコに大恩ができたのだ。
これからはイランでの救出劇を教科書に載せて、将来にわたり語り継いで、トルコのことを少しだけでも知って、トルコとの絆を深めよう!

2010年10月9日(土)撮影 樫野崎灯台にて
樫野崎 大嵐


関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示