37 古座川峡① 一枚岩とうずみ膳

串本に行く前に、少し寄り道をして古座川峡を巡ってみることにした。

串本の手前で15km程山に向かえば奇岩が点在する古座川峡である。
古座川の一枚岩 は、国の天然記念物に指定されている。
高さ約150m、幅約800mは、佐渡の大野亀、屋久島の千尋の滝に並び日本最大であるとされる。

古座川の一枚岩

これまるごと一枚の岩盤なのだ。
ゴジラが100mだから、一枚岩を背にしたら小さく見えるかも。

古座川

なんだかよくわからないけど、大きな岩ってだけでやけにテンションが上がり、雨もやっと上がって、しばらくその岩盤を眺めていた。

それにしても、紀伊半島は岩にしろ滝にしろ、大物揃いだ。
そもそもからして、この紀伊半島がまず日本最大の半島だ。

一枚岩鹿鳴館

気が付けば最終日も昼過ぎになっていたので、ここで昼食をとることに。
一枚岩鹿鳴館という、一枚岩を真正面に構えたりっぱな名前のお店に入る。

メニューはから揚げ定食やカレー各種、うどん各種、モーニングトースト、デザートにドリンクなど種々そろっているが、ここは古座川町平井地区に伝わる
郷土料理 『うずみ膳』
を食べるべきであろう。1000円だ。

うずみ膳

雄大な一枚岩を正面に郷土料理を食べるプチ贅沢。
うずみ膳は、おすましにご飯を「うずめる」ことから来ているらしい。

うずみ膳と一枚岩

シイタケや昆布、鰹節で出汁をとり豆腐を入れ煮込んだおすましに、ご飯、ミカンの皮、ネギ、ショウガ、ゴマなどの薬味をトッピングする。

そのため体がほっこり温かくなり、風邪気味の時や、予防に良いという。
「うずみ」は京都でも料理名に使われていること、この地区に平家の落ち武者伝説があることから、もしかしたら京料理として伝わったのかもしれないと、うずみ膳についての説明紙が教えてくれた。

確かに南国紀伊半島に失礼だがあまり似つかわしくない、落ち着いた雰囲気のある郷土料理なのだ。
古座川の特産天然鮎も南蛮漬や甘露煮で付いてくる。今回は南蛮漬け(*'▽')

うずみ善 鮎の南蛮漬

食後には古座川天然水コーヒーと、さつまいもドーナツを。
さつまいもドーナツは熊野カルデラをイメージ。これも特産のゆずジャムが添えられて味わいを深めていた。

古座川天然水コーヒー 350円

さてさて古座川の一枚岩、地質的な価値は言うに及ばず、やはりその大きさに裏打ちされた伝説がある。

一枚岩の守犬

奇岩の多い古座川。それは魔物の仕業であったという。
昔、太地(クジラ漁で有名な)で現れた岩が好物の魔物が、川沿いの岩を食い荒らしながら川をさかのぼった。

その時に出来たのが古座川峡の虫喰岩やぼたん岩である。

その魔物が、一枚岩にも喰い付いたとき、一匹の犬が吠えた。
魔物は犬が苦手で逃げ出したが、その時の悔し涙で一枚岩の表面を流れる滝となった。

毎年4月下旬と8月下旬の晴れた夕方、西日を浴びる一枚岩に大きな犬の影が浮かび上がることからそうした伝説が生まれたと思われる。


一枚岩の守犬伝説の商品はなかなか可愛いもの揃いだった。
地質のふしぎを、代々の人々も同じようにふしぎに感じていたんだなぁ、そんなことを思える一枚岩であった。


関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
旅の記憶
旅日記や城巡りなどの一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示