31 鬼ヶ城

花の窟神社から20分ほど。
こちらも世界遺産・紀伊山地の霊場と参詣道、国指定名勝、日本百景の鬼ヶ城に到着。

鬼ヶ城センター

鬼ヶ城センターでお土産を物色し、いざ鬼の棲む城へ!!

いきなりトトロのお出迎え!
トトロ岩には「鬼ヶ城にて」というタイトルの文章が刻まれていた。
なかなか味な内容であった。

トトロ岩 鬼ヶ城

沖合に見えるのは魔見ヶ島。
まみるがしま、と読むが、地元の人々はマブリカと言う。

昔、征夷大将軍・坂上田村麻呂が鬼退治にやってきたとき、鬼の油断を突いて、この小島から神通の矢を放ち、鬼を仕留めた伝説が残っている。

魔見ヶ島 まみるがしま マブリカ

伊勢方面は猪ノ鼻方面や大泊湾が見える。
湾のため視界は少ないが湾のダイナミックさと広がる太平洋は見とれるほどだ。

大泊湾

鬼ヶ城の奇岩は観る者の想像力を掻き立てる。
この大ぉ~きな岩はさしずめ羽を休めるギャオスと言ったところか(*'▽')

鬼ヶ城の奇岩

熊野の山からだろうか、とても小さな流れだが、なんと岩を抉り水の道ができていた。

鬼ヶ城の岩

ギャオスは近くで見ると鼻っ柱をへし折られたみたいだけど、やっぱいつの時代かに先端が落っこちたようだ。

鬼ヶ城 奇岩

大きなセイウチみたい。
この岩の包容力は凄いの一言で、本当に鬼が住んでても、ここなら納得できるように思えた。

大きい鬼ヶ城

千畳敷。かなり広い。

鬼の棲家

猿戻り。
残念ながら台風の影響で崩落の危険があるということで、ここまでで通行止めだった。
七里御浜を一望できる鬼の見張り場が見たかったのだが・・・
我々は猿のように去るしかなかった。

西日と鬼ヶ城

不思議な地形なのだ。
志摩からこの鬼ヶ城までリアス式海岸が続くのだが、ここで七里御浜という25kmほどもある長い弧を描く砂浜となる。
七里御浜にはウミガメが産卵し、北部の獅子岩は鬼ヶ城とともに名勝指定されている。

車から七里御浜

七里御浜ももう少しゆっくり見たかったのだが、今夜の宿が十津川で夕ご飯に間に合わないとヤバいので、泣く泣く車の中から景色を楽しんで(といっても結構波よけが高い。。。)熊野灘を後にした。

七里御浜の鯉のぼり

鬼ヶ城から花の窟神社方面へ引き返し、国道42号から県道34号に入りしばし後、久々に紀勢の酷道にあえぐのであった。

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示