24 熊野那智大社

大門坂を登った先に、熊野那智大社および青岸渡寺、那智の滝がある。

最初に熊野本宮大社次に熊野速玉大社と巡り、今日、熊野那智大社に至った。
熊野三山巡りの順番は、決まっているような、いないような、そんな曖昧な印象を調べてみて感じた。
三位一体ってことで、どこがエライとかは無いようだ。

それぞれ一番になりうる要素はありそう。
本宮は名前の通り一番偉そうだし、速玉は神倉という古代信仰の名残が大きく残り、那智もまた大滝への信仰心をベースにして成り立っている。

那智山参道入口

那智大社は青岸渡寺という寺が併設している。
滝、神社、寺と信仰心のカオスぶりが日本の心の原風景を現しているようだ。

「元気のパワースポット 那智山」

元気のパワースポット那智山

熊野三山のような霊験のある大社ですら、現代風なパワースポットという言葉を安易に使用している。
一昔前まではこういう傾向が好きではなかったが、最近は嫌いではなくなってきた。

どの時代人も、たいてい色々な売り文句で観光客や信徒を誘致していたではないか。

伊勢へ七度、熊野へ三度、どちらが欠けても片詣で。
小栗判官の伝説や神武東征の神話。

商売も布教も工夫がモノをいう。原則で鉄則だろう。
そこが人間の微笑ましさと最近思うのだ。


赤々とした幟がはためいている。
「那智山熊野大権現」と書かれている。

熊野那智大社 一ノ鳥居

一ノ鳥居をくぐり、二ノ鳥居へ。
平地にあるのは速玉大社だけ。ここも階段地獄。。

熊野那智大社 二ノ鳥居

473段あるらしい階段を登りつめると、ようやく御本殿に到着。
拝殿がありまして、その後ろに御本殿があるのですね。

熊野那智大社

昨日の新宮は真夏なみに暑かったけど、今日は少し落ち着いたようで、すでに中天に近付きつつあるお日様も、まぶしく新緑や鳥居を照らしながらもどこか優しかった。

二ノ鳥居とお日様

主祭神は熊野牟須美大神。イザナミと同一神とされる。
無病息災、長寿、所願成就にご利益がある。

御懸彦神社には、三本足の八咫烏も祀られている。

御懸彦神社

立派な八咫烏の像も。

熊野那智大社 八咫烏

社殿は計八棟が国の重要文化財に指定されている。
速玉も本宮も建造物・工芸品・古文書などが国宝・重文指定されている。


私「これでみっつとも制覇だね!」
嫁「スタンプスタンプ♪」
私「!」
嫁「みっつスタンプ集めればお土産もらえるみたいだけど、速玉からしか押してないんだよね。。。」
私「今夜の宿は十津川だから、本宮から近いぜ」

雄大な山々を正面に、途中から集め始めたスタンプラリーの行方に気を取られる夫婦であった。

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
旅の記憶
旅日記や城巡りなどの一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示