22 紀伊勝浦② 民宿若竹と勝浦の夜と朝

3日目の夕暮れである!

宿は民宿 わかたけ。

民宿 わかたけ

嫁の仕事が「わかたけ」という名に所縁があったので選んだ宿だ。
業種は全く関係ないけど。

アメニティーは基本揃っているが、他にも何かと入用のものは買うこともできる。

わかたけアメニティコーナー

漫画コーナーは多種多様!
進撃の巨人を散々読み漁ってしまったw

わかたけ 進撃の巨人

駅から徒歩1分かからないビジネス民宿という感じだけど
夕食は必見必食!

わかたけの夕食

先ずは地酒・那智の滝!
その名の通り、那智の滝を模した器に注いでくれる。

地酒 那智の滝

食事はマグロのカマの塩焼きや、刺身
胃袋や味噌カツ。どれも美味しい地産池消。

若竹 マグロのカマの塩焼き

勝浦のお隣、太地は鯨の街として有名だが、ここでも食すことができる。
写真は鯨の尾羽毛。内臓も出てくるゾ~(*´з`)ウメェ

わかたけ 鯨の尾羽毛

マグロとクジラの美味を味わい、嫁は一眠り、わたくしは夜の勝浦めぐり。。
しずかな夜でございます。

紀伊勝浦駅夜景

紀伊半島沿岸をぐるり、伊勢と紀伊を結ぶ紀勢本線。
そう多くない本数だけど、ちょうど紀伊勝浦駅にやってきた。

JR紀勢本線

商店街側のロータリーにはバスが。
旅の途中の駅には土地の人々の暮らしがあり
旅人の私は少しだけ疎外感を味わうのでございました。

紀伊勝浦駅ロータリー夜景

よしそれも、よしこれも、旅。
旅の夜こと旅の真骨頂かもしれない。
どこにいっても、何でもない夜景でも綺麗と感じるが
ここはまた格別に良い。

勝浦港の夜

宿にもどると嫁を叩き起こしてわかたけの勝浦温泉に浸かった。
良い湯だったが、その後夜中まで読み耽った「進撃の巨人」の印象が大きい(苦笑)


明けて2014.05.04(日)
勝浦漁港のにぎわい広場での朝市に行ってみた。

にぎわい広場朝市

とはいっても、朝早すぎてまだちゃんと始まっていなかった。
何軒かのお店はすでに広がっていて、竹工芸に嫁が興味を持った。

にぎわい広場

熊野の伝統工芸・竹工芸 こぶち
家に飾ればアンティークとしてもお洒落。
実用でも便利そうな品々が並ぶ。

熊野の伝統工芸 竹工芸こぶち

亀は万年。カメちゃんの工芸品が可愛くて、カメラを向けるとおっちゃんが色々なシチュエーションを演出してくれた。

竹工芸こぶちのおっちゃんは良い人

嫁が親に、とカメちゃんのストラップを購入。

マグロの解体ショーも見たかったけど、なにせ時間が早すぎた。
我がお膝元、三崎のマグロがウリなのでちょっと対抗意識があるねw

マグロの解体ショー

勝浦に幾つかある足湯のうちの一つ、朝市近くの足湯・鮪の湯。

足湯 鮪の湯

まったりしすぎて朝ごはんに遅れてしまった。
わかたけは魚を焼きなおしてくれたようだ。すみませんでした汗…
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示