スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GODZILLA

ハリウッド版ゴジラの第二弾を観た!

くしくも今年はゴジラ生誕60年の節目の年。まずはその記念すべき年にゴジラを制作してくれたことに敬意を表したい(上からw)

というか、悔しい!!
本来なら60周年記念作品は東宝が盛大に純和製でやるべきだったのに、多分日本製じゃ商売にならないから作らなかった。

つまりアメリカにお株を奪われたのだ。
これじゃ、前のガッズィラーの時みたく批判ができないじゃないか涙

しかも続編も決まり、モスラ・ラドン・キングギドラまで出るとなっちゃー、これはもう東宝なんて配信する媒体なだけで、純正ゴジラの制作なんて誰も期待せずに普通にお祭りになりそうな続編が楽しみじゃないか!!

今作の発端は、フィクションではあるが、日本の原発からはじまっている。
これはビキニ環礁の水爆実験が発端の初代ゴジラの本質に迫っていると言える。

ゴジラが好き過ぎて時々勝手にゴジラのストーリーを考えたりするんだけど、先般の原発事故はまさにゴジラ復活の引き金になるような事件だった。
今回のゴジラがそれに呼応しているかは分からないが、ゴジラとはこういう時に出現するのだ。

肝心のゴジラの内容だけど、ストーリーはちょっと間延びかなぁ。テンポがちょっと。
ゴジラのフォルムはまぁまぁ。さすがに本家に寄せて来てはいるけど、首まわり不細工だよなぁ笑
最初のタイトルまわりは結構好き。

色々注文つけたくなっちゃうのはマニアだからだろうな、、、
でもやっぱり悔しい!
ラストサムライと同じだ。あれも日本では色々批判あったけど、じゃあ、自分らで「最後の侍」を、「ゴジラ」を作れたのかと言えば、作れていないし、そんな気概もなさそうだ。

気に入らないけどw、アメリカのこういう姿勢は、悔しいけど嬉しい!
日本の文化を彼らなりに理解し、具現化しようとする姿勢は見習いたい。

ともかく、ゴジラはアメリカに持って行かれた。複雑だが仕方ない。



さっき、ケーブルテレビでやっていた1954の初代ゴジラを観た。
やっぱり初代が最高峰だと思った。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。