スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12 川の熊野古道 瀞峡ウォータージェット船

川も熊野古道である。

熊野川という、この雄大な流れを持つ川は、古来より川の参詣道として熊野詣の重要な水運を担っていた。

瀞峡めぐりの里 熊野川

瀞峡めぐりの里 熊野川
から、瀞八丁ともいわれる、瀞峡めぐりのウォータージェット船が運航している。

乗船まで少し時間があったので、抹茶ソフトを食べて待つ。
お土産は和歌山熊野地域を中心に、三重、奈良の特産品が集まっていた。

抹茶ソフト 350円

乗船料は3440円。ちょっと高めかなぁ。。。
熊野交通のサイトでめっけたクーポンで少し安く乗ることができた♪
瀞峡めぐりの里 熊野川はドライブインを兼ねた志古乗船場となっている。

ウォータージェット船

わくわく!いよいよ出発だ(^^)/
1時間55分の船旅へ出発~☆

川の参詣道

グオーーーーっと、結構な威力で熊野川を昇っていく。
すぐ分岐となり、瀞峡方面は北山川と川の名が変わる。

快適 ウォータージェット船

小さな集落を横目に船は勢いよく昇る昇る!
スライド式の船の屋根はフルオープン。いい風が入ってくる。川の流れはいたって穏やか。
ラジオのアナウンスで歴史や風土のお勉強をしつつ、揺れは少なく気温もちょうどよく、お日様がやさしく照っている。

熊野川の風景

上流。だんだん岩が多くなる。
瀞峡だ。

雄大な世界遺産の川の道

国指定 特別名勝 天然記念物 瀞八丁

特別名勝とは要するに景色の国宝と言うべきもので、日本三名園、例えば岡山・後楽園や、日本三景、例えば広島・厳島などが選定されている。

楽しい熊野川

出発から1時間ほどで田戸乗船場にて休憩をとる。
鮎の塩焼きや原産地直売の特産品が売られていた。

田戸乗船場

あちらに見えるは、以前は瀞ホテルと言われていたホテルで、今は喫茶店として開店しているという。
瀞峡の一景観を彩るたたずまいだ。

瀞ホテルは喫茶

田戸乗船場は、奈良県十津川村だ。
面白いことに、ここから奈良県・三重県・和歌山県の三県が川を境に存在している。

三重・和歌山・奈良をまたぐ!

プチ奈良県を堪能し、再び乗船。
さらに上流の上瀞と呼ばれる名勝に少し足を踏み入れ、お船は最初の志古へと戻る。

瀞峡めぐり

乗船場は、志古だけでなく小川口にもある。志古と田戸の間ぐらいで三重県側だ。
見えているのは小川口乗船場近くの瀞流荘。

熊野川から瀞流荘

「あ、あれ!!今夜の宿の瀞流荘じゃんww」
「えー!あそこなんだぁ」
「へぇ~、ここから見えるとは思わなんだよ」
「ほんとだね('ω')ノ」

思いがけず今夜の宿発見に、テンションが上がる三十路夫婦でござんしたwww


関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。