スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10 大斎原 ~熊野本宮大社旧社地~

以前、熊野本宮大社に来た時は、大斎原の存在を知らなかった(苦笑)

遠目に見える巨大な鳥居は、河原から十分に見えたので、何かカルトの施設かと勘違いしていたww


大斎原 おおゆのはら
は、熊野本宮大社が元々あった場所である。

熊野本宮大社は、熊野古道の最終目的地だ。
中辺路、小辺路、奥駈道と、三つの古道がこの地を目指して延びている。

今ある熊野本宮大社は、明治22(1889)年の熊野川の洪水により、高台に遷されたもので、旧社地は音無川と熊野川の合流地である中洲にあったため、その勇壮な建造物の大半を失った。

自然信仰の聖地は、あえなく自然災害にぶっ壊され、民は素直に川から遠くに逃れたのだ。

大斎原

大鳥居は平成12(2000)年に建立された。
高さ34m、幅42m。日本一の大鳥居である。

旧社地、今の大斎原はかつて、現在の熊野本宮大社の4倍もの規模があったという。
今は、田んぼの中にぽっかりと浮かんでいるようにたたずんでいる。

大斎原 日本一の大鳥居

写真撮ってしまったけど、ここも基本撮影は禁止らしいから、境内の写真は載せるのやめました。

「蘇」と銘打たれた手水鉢でお清めをして、清浄な雰囲気の漂う木立の中を歩く。

太陽の光がほどよく入る、明るい緑あふれる五月晴れの大斎原は、気持ちの良い空気が流れていた。

本宮大社と同じく、ここも世界遺産に指定されている。
今は祠があるのみだが、陽の光に照らされて大斎原は、時間がゆっくり流れて、かつての繁栄が嘘のようであった。

そして、少しだけ、誰もいなくなった学校の、あの不思議な雰囲気が漂っていたのでありました。

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。