26 宮島散策3 五重塔・千畳閣や鹿の軍勢

朝の静寂のなか、宮島を散策♪町家通りから五重塔を目指した!

五重塔は、塔の岡にある。
応永14(1407)年の建立で、国の重要文化財に指定されている。

新緑に照らされる朝日がまぶしい。

宮島 五重塔と新緑

それにしても、近くで見る五重塔って・・・
撮りようがない(苦笑)

塔の岡 五重塔(重要文化財)

もうひとつ塔の岡には重要文化財がある。それが
千畳閣!

宮島 五重塔から千畳閣

豊臣秀吉が安国寺恵瓊に命じて建立させたものだ!
秀吉は言わずもがな、安国寺恵瓊と言えば、毛利の外交僧で、主君に宛てた有名な書状がある。

「信長之代 五年三年者 持可被持候 明年辺者 公家などに成さるべく候かと見及申候。左候て後、高ころびにあおのけに転ばれ候ずると見え申候。藤吉郎さりとてはの者にて候」

宮島 千畳閣

信長の時代は3~5年は続くでしょう。来年あたりには公卿になるのではないかと思います。
ですがその後、思いっきりあおのけにすっ転ぶのではないかと見ています。
藤吉郎は・・・

この藤吉郎(秀吉)「さりとては」の解釈が分かれるところだが、大方は「なかなかの者ですぞ」
といった所である。

ともあれ、そういう男がこの千畳閣を建立したのだ。
秀吉が好きそうな、豪放な雰囲気の建物だ。

宮島 千畳閣軒下通路

塔の岡から降ると、目の前は厳島神社だった。
素戔嗚尊(スサノオ)と事代主神を祀った荒胡子神社は、厳島神社の末社で、嘉吉元(1441)年築造の本殿は重要文化財に指定されている。

宮島 荒胡子神社

厳島神社の社殿を横目に歩く。
あっ!と思う。

干満の周期は6時間。
ということは、夕方が干潮なら夜中に満潮が来て、朝はまた干潮になるのだ(^_^;)
ちゃんと考えればわかったはずなのに、朝はなんとなく満潮なんだって思い込んでいた・・・

宮島 朝も干潮の社殿

厳島神社は、裏手からでも色々な表情を楽しむことができる。
参拝以外は無料なのだ。干潮の浜から社殿を覗くのも、裏手や西の松原から拝むのも。

厳島神社の穴場?

厳島神社の西側。御手洗川まできたところで、約1時間。
朝ごはんの時間も迫り、ぼちぼち山一別館に戻ることに!

久保橋を遠巻きに

爽やかな早朝(今日も少し寒いけどw)の大鳥居。
朝ってやっぱり清浄な感じがするなぁ!!

朝巡りの大鳥居

と、帰り道、有之浦あたりで鹿の軍勢が大挙して押し寄せた!

宮島の鹿・大挙して出現

どこからともなく群れをなして現れた鹿鹿鹿(・(仝)・)
「朝礼後みたいだねwww」
「集会かな!?」

まさにそんな雰囲気だった。

ペロペロと水たまりの水を飲んでいた。

水を飲む宮島の鹿

ささ、我々も空腹であるぞ!
山一別館へ戻り朝ごはんを堪能じゃ!!

山一別館朝ごはん


   にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ   

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示