スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23 世界遺産 厳島神社2 神秘のライトアップ

2日目2013.04.30(火)曇

山一別館で穴子や牡蠣の郷土料理を平らげた一行は、大浴場を満喫し、今度は厳島神社のライトアップを観に行った。

宮島桟橋のフェリーターミナルは時折通勤の帰りと思われるサラリーマン風の人が出てくるのみであった。

宮島フェリーターミナル夜景

広島湾・大野瀬戸にはJRのフェリーみせん丸がライトアップされ、出航の時刻を待っていた。

みせん丸と宮島口の夜景

有之浦から大鳥居。
美しく電飾されている!自然と足早になる。

有之浦から大鳥居夜景

すでに干潮の時間帯は終わり、徐々に潮は満ちてきていたが、まだ御笠浜から大鳥居まで歩くことはできた。

大鳥居御笠浜方面へ夜景

ライトがかなり眩しくて、コンデジではなかなか忠実な表現ができない(汗)

ちょっと暗く見えるかもしれないけど、これくらいが目で見えた雰囲気と一番近い。

伊都岐島神社夜景

大鳥居の真下へは、すでに潮が迫ってきており行けなかった。

このくらいの角度が限度だった。

大鳥居下から夜景

真正面から本土の街並みを借景に大鳥居を臨む。
水面に映る街の灯りは、さすがに目で見た時の印象はもう少し感動的だった。

大鳥居正面から夜景

厳島神社の社殿もほんのり明るく照らされていた。

嚴島神社ライトアップ

こんなに写真を撮りまくっているのは、一部のもっとちゃんとした一眼レフのカメラを持っている人だけだった。

まったくの我流・貰い物の伸縮する三脚を駆使し、コンデジの限界に挑戦している(つもり!)

逆さ大鳥居夜景

ほとんどの人は、静かな感動の声を漏らしながら、参道の石椅子に腰を掛けたり、思い思いに立ち尽くしながら神秘の夜と、満ち満ちてくる潮の不思議にどよめいていた。

本当に潮の満ち方は徐々に速度をましていて、ちょっと油断すると磯にできた急造の中洲に取り残されかねなかった。


一通り周囲の人々と感動を分けあったあと、参道の灯籠の灯りに包まれるようにその場をあとにした。

厳島神社参道夜景

なんだかお祭りのあとのような物悲しさだった。。。


表参道は、すっかりお店は閉まりきっていて、ほとんどの人は海沿いの参道にあるホテルや旅館に泊まるらしく、人通りはあまりなかった。

表参道と五重塔夜景

日中は人でひしめき合っていた世界一大きなおしゃもじも、静かに朝を待つばかりといった様子だった。

世界一の大杓子夜景

2日目もあっという間に暮れていった。
現代の業と過去の業が交差する厳島神社のライトアップは、お祭りの夜のような、夢のあとのような、そんな微睡んだ印象であった。


   にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ   

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。