4 備前国総鎮守 安仁神社

犬島へ向かうフェリーが出航する宝伝港へ向かう途中、備前国総鎮守 安仁神社に立ち寄った。

フェリーまでまだ少し時間があったので、神威のある神様に湿疹治癒のお祈りをしようと思ったのだ。

國幣中社安仁神社

備前焼の狛犬!
愛嬌たっぷりに迎えてくれた。

安仁神社 狛犬

一の鳥居。
まだ7時。
早朝の新緑と、静寂が映える。

安仁神社 鳥居

ここ数ヶ月、Nは湿疹に悩まされている。
親指の付け根と、腕に何ヶ所かできた貨幣状湿疹(´;ω;`)

安仁神社御社頭

特に親指の付け根のは、目に見えて不快だし、この時もジュクジュクな滲出液が出ていた゚(゚´Д`゚)゚モウヤダ


そんな不快な日々も、ひょっとしたらこの旅のストレスフリーな日々や、霊験あらたかな寺社の参拝で治癒するのではないかと思い、期待に胸をふくらませて、湿疹に向かって「神妙にお縄に付け」とばかりに自信たっぷりに出立したのだが、、、

お賽銭を入れ
二拝二拍手一拝!!
(湿疹快癒祈願m(_ _)m)

安仁神社 拝殿

安仁(あに)神社は、その名のとおり神武天皇の兄である「五瀬命(イツセノミコト)」を主祭神とし、同じく兄の「稲氷命(イナヒノミコト)」「御毛沼命(ミケヌノミコト)」が配神として祀られている。

境内には大小いくつかのミステリーサークルが
安仁神社のミステリーサークル

ただ、神社の歴史が古すぎるため、祭神には諸説ある。
創建は不明!神代の昔なのだ。

備前国総鎮守と言われるだけあって、元々は備前国一宮だったが、天慶の乱(天慶2(939)年)で敗れた藤原純友に加担していたため、一宮の地位を剥奪されている。


喪失してしまった歴史は、なかなか取り戻すことはできないが
「そこに何かがあった」
からこそ、人はその場所を大切にするのだろう。

証明できるものが何一つなかったとしても、日本人には「なにか」を感じる感受性がある。

目に見えなくたって、経典なんてなくたって、ずっとそうやって生きてきたのだ。


   にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ   

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示