世田谷城跡と周辺の史跡

2009.03.22(日)8:00
随分古い話になってしまうが、世田谷城跡に行った。


N家の菩提寺・大吉寺には、近江の大吉寺から譲り受けた
「浅井長政由縁の大吉寺山の石」
がある。

表札には
「滋賀県 浅井長政由縁の大吉寺山の石 平成十年十一月四日」
とある。

どのような由縁があるのかはわからないが、恐らく腰でもかけたのであろう。

大吉寺・浅井長政由縁の大吉寺山の石

世田谷城は武蔵野台地の一角、南東に張り出した舌状台地の先端部に立地。
西・南・東の三面に烏山川が蛇行し、北には小支谷が入る。

世田谷城跡

14世紀後半に吉良治長が居住したのが始まりとされる。
戦国の風にさらされ、北条氏の庇護にあったが、豊臣秀吉の小田原攻めで北条氏が滅亡し、世田谷城も廃城となった。

世田谷城跡 土塁

歴史の中に埋もれた世田谷城は、今では世田谷城址公園として、しずかに余生を送っている。

世田谷城阯公園

全景を見渡すと、なるほどこの一角だけ、往時の歴史を物語る異風が吹いているようであった。

世田谷城跡 全景

土塁は崩落防止のため石垣で防護しているが、当時は掻揚げの土塁であった。
空堀の面影も見られる。

世田谷城跡 土塁・空堀

近隣には豪徳寺。
江戸幕府大老・井伊直弼の墓がある。

豪徳寺 井伊直弼墓

しかし、世田谷もこの近辺になると、閑静を通り越して片田舎といった風情すら感じられた。
チンチン電車も未だに走っているし、親父はこういう所で育ったんだなぁって、なんだか感傷的になってしまった(別に死んでないけどw)


   にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ   

関連記事

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示