スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海道五十三次 1 日本橋

2011年5月6日(金)曇・晴 日本橋 

 アオダイショウが、狭い道のど真ん中に居座ってふさいでいる。そいつをまたいで写真を一枚。旅のはじまりに蛇とは吉兆ではないか。浦賀の片田舎とはいえ、あんなに大きなアオダイショウは初めて見た。
 たいした事じゃないけど、旅の前にはそんなことがあった・・・

浦賀のアオダイショウ

 駅から迷いつつ(苦笑)日本橋に着いたのは、ほぼその日の正午。

結構迷った(汗) 12:00
日本橋

 日本橋は東海道の起点で、現代では橋そのものが重要文化財に指定され、周囲には日本橋にまつわる碑文や石碑が幾つかある。

日本橋魚市場発祥之地碑、他にも東京市道路元標、日本橋由来記などがある
日本橋魚市場発祥之地碑

 それらを丹念にカメラに収めるのだが、一つ難所があって、車がびゅんびゅん走っているど真ん中に「日本国道路元標」という標識が設置されているのだが、なかなか車の流れが止まらない。しばらく粘って、車が無くなった瞬間を狙い、道路の真ん中へダッシュ!

ささっと撮って、また走って歩道へ・・・
日本国道路元票

 撮影は見事に成功だった☆
なお、歩道側にはレプリカもあった。

 一通り日本橋の周りを徘徊し終え、ふと悩む。目に入っているのは
「うなぎ」
持っているガイドブックにも掲載されている老舗のうなぎ屋。一身上の都合により、なるべく今回は貧乏旅で行きたいのだが・・・

 ・・・かつて東海道を歩いた人々の多くも、出立の前に鰻を食べて精魂をつけたらしい。。。

♪( ´▽`)鰻

 老舗、宮川の味は、関東風の焼き加減で、味もおいしかった。さすが老舗!

日本橋宮川の鰻

 江戸前の味をまず堪能し、これから始まる長い旅路への大きな活力となった!
 
 鰻を平らげて、いざ東海道!
 出発間際に、日本橋から首都高速の高架下を流れる日本橋川を眺める。

日本橋からの眺め
日本橋からの眺め

 近年、これではみっともないから景観を良くするために首都高速を取っ払って別のところへ移すか、日本橋を他の場所へ架け替えようと言った機運も在るようだが、個人的には、これはこれで現代風の風流。という言い方も案外できると思った。あと数十年も経てば、首都高速も立派な使用可能な文化財となるであろう。

いよいよ!

 いよいよ東海道五十三次の旅が始まる。この旅は、今までしてきた旅とは大きく異なることがある。それは、「自分の足で歩くこと」だ。もちろん行き帰りに電車なんかは使うけど、東海道と呼ばれる道の全てを歩ききる・・・踏破するのが目的なのだ!
 
 この大都会から始まる道のりは、一体どんな物語になるのだろう。
 静かな昂揚が心身を包み込んだ。


 つづく



※日本橋MEMO※
◎参考地図
日本橋
日本橋宮川(鰻屋)
◎会計
・交通費(行き)電車¥760
・食べ物 昼食 日本橋宮川 鰻お重¥2850・肝吸¥250

・小計¥3860-


前口上 ← ※目次※ → 品川宿

関連記事

テーマ : 東海道五拾三次
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。