スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31 浅利海岸の風力発電を眺める (回想録2)

にわか雨の月山富田城をようやく抜き、父子は鳥取方面へ向かう。

ここで、島根県から離れる前に、もう少し余話の回想録として、2009年10月に訪れた場所を載せておきたい。


2009.10.10.10:10(土)晴

初めて山陰地方に浦賀人が天降ったのは、浜田自動車道・浜田ICの少し東へ進んだところにある波子の海岸だった。

浦賀から12時間。恐ろしく長い旅路であった。

波子海水浴場に降り立つ浦賀人

空は青く晴れ渡り、秋晴れに散らばった雲々が
「山陰に来たんだ!」
という実感を掻き立てる。

なぜかよくわからないが、同じ海なようでも北陸の日本海や、関東、東海、瀬戸内の海とはまた違った、何とも言えない神秘的な印象を受けたのだった。

波子海水浴場

更に車を走らせると、高台から大きな風車の群れを望見できる場所に出た。

これは浅利海岸の風力発電。

浅利海岸の風力発電

背後に見える山陰の山々と、厚めの雲の群れが、まさに
「八雲立つ」
といった趣で、
「山陰とは、なんと神秘的な所なんだろう」
と何度も繰り返し思うのであった。

その印象は、石見銀山でも、松江でも、出雲大社でも裏切られることはなく、島根のどこへ行っても「神秘」の印象は深まるばかりだった。

浅利海岸の風力発電と山陰本線

風車と山陰本線に走る電車を一緒に撮れたらよかったのだが、あいにく山陰本線は本数も少なく、浦賀人が待ちわびたホンの数瞬では来る由もない。

こうして浦賀人5人は、世界遺産・石見銀山へ向かうのであった。


   にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ   

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。