東海道五十三次 27 江尻宿~府中宿

9日目2011.09.06(火)13:20 晴

東海道五十三次18番目の宿場・江尻宿から19番目の宿場・府中宿へ、10.5kmの道のりをゆく。

江尻宿西木戸跡からしばらく道なりに歩くと、都田吉兵衛の供養塔があった。

清水次郎長はの子分・森の石松は都田吉兵衛により殺された。

次郎長は石松の無念を晴らすため、見事吉兵衛を討ち果たすのだが、吉兵衛の菩提を弔うものがいないため、それを哀れんだ里人が最期の地に供養塔を建てたのだという。

面白いなぁと思うのだ。
今や清水次郎長も森の石松も講談の中の人物である。
物語と思っていたようなエピソードが、本当にこの地で起こり、供養塔まである。

日本の歴史で興味の尽きない点が、まさにここに集約されている。
伝説と歴史の混じり合った実に微妙な場所に自分を置いてみることの面白さとでもいえようか。。。

都田吉兵衛供養塔

Nもまた、この日本の歴史の中を歩いているのだ。
東海道を歩くことの確かな手応えが、ここにある。


かつて土橋だったという金屋橋は、重荷を負っている牛馬は土手を下って渡川したそうだ。
金屋橋のあたりは、「追分」と呼ばれていて、清水湊へ向かう「志ミづ道」と東海道の分岐点であった。

数軒の家が並び、松並木と広い田んぼの向こう側に富士山が見えている。。。
そんな風景であったそうな。

追分と金屋橋の今昔

草薙一里塚跡には巨大な狸の像。
なにか意味があるんだろうけど、よく分からないのもまた一興w

13:52
草薙一里塚跡の狸八相

その先民家の並ぶ旧道には、そこに住んでいる人が手作りで作ったらしい東海道の案内が。
「ここは古道 中之郷村 東海道 谷田村」

14:10
ここは古道 中之郷村 東海道 谷田村

ここで、空腹が限界を超えたので、大きな道路沿いにあった
「すき家静岡国吉田店」で牛丼並280円をがっついて、水をありったけ飲みまくった。


このあたりは割と開発で道が分断されているので注意が必要だ。
あたりの雰囲気も変わっているので、旧道を見失っても復帰できるように地図でよく確認したほうが良い。

旧東海道記念碑 14:38
府中へ 旧東海道記念碑

JR東海道本線と新幹線に分断されながら一瞬国道に合流し、その先旧道に入って静岡鉄道の長沼駅の左手前に長沼一里塚跡の碑が寂しく残っていた。

長沼一里塚阯

静鉄をのんびり眺める暇もなく、東海道はまた柚木駅の手前で分断される。
仕方なく国道1号に合流し、柚木駅で左折。

15:05
静岡鉄道!

新幹線とJR東海道本線の先で右折。ここから東海道に戻る。
その先、分断はないが、またまたJR東海道本線と新幹線のガードをくぐり、落ち着かない感じで府中宿に至る。

府中の宿散歩道レリーフ 15:33
府中の宿散歩道レリーフ

府中宿、今の静岡駅の近くで、割と大きな都市となっている。
ようやっと到着。なんだか心にぽっかりと穴があいたようだ。

15:42
府中宿 上伝馬本陣 脇本陣跡

静岡駅前の徳川家康公之像。

「人生とは重き荷を背負いて遠き道を行くが如し」
家康ほど若い頃に絶望的な辛酸を舐め尽くした男もいない。

そういえば家康は若い頃、一向宗の一揆に散々手を焼いた。
いつの時代も、どこの国でも宗教が人を苦しめるものなのだ。

日本の歴史は、織田信長という男を輩出し、宗教勢力の牙を完全に抜き去った。
だが、最近の日本といったらその大いなる「贈り物」を忘れ、くだらない新興宗教が国家国民に牙を向き、人々を苦しめたりする。

宗教が不必要とは思わない。だいいち、N自身だって初詣はするし、神社や古いお寺に行くと敬虔な気持ちにはなる。こないだのような大震災があれば、何もできない自分に苛立ち、ただ祈ることぐらいしかできなかった。

16:00
静岡駅 徳川家康之公像

汗の乾いた腕の上にキラキラ輝く潮の結晶を払い落とし、悩み多き中での1日は終わった。

例によって電車の中のクーラーに悪寒を覚え、固まった足の豆を忌々しく思いつつ、JR東海道本線に乗って(ケチだからこの程度では新幹線は使わない)、どんぶら2520円でJR久里浜まで戻ったのであった。

27.6km!
蒲原→由比→興津→江尻→府中
ときた。最初の頃に比べて、歩ける距離が格段に延びてきた。


   にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ   

関連記事

テーマ : 東海道五拾三次
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示