16 白壁の町 倉敷美観地区!

2012.08.12(日)10:30 薄曇のち晴

備後鞆の浦から岡山県は備中の倉敷美観地区まで渋滞込みで1時間半。
日曜ということもあり、駐車場も混雑。
ちょっと遠めの駐車場に停め、徒歩5分ほどで美観地区にたどり着いた。

倉敷美観地区1

倉敷美観地区は、倉敷川畔伝統的建造物群保存地区として、国の重伝建に指定されている。

重伝建 = 重要伝統的建造物群保存地区
倉敷美観地区 倉敷川

お土産とか、スイーツに触手を伸ばしつつ、美観と言うにはあまりにも優美な景観の中を漂ってみる。

倉敷美観地区2

白壁となまこ壁が美しい!
こういう風景を自然に「美しい」と感じるのは、やはり自分のDNAやら遺伝子の中に、こうした風景の中で生きた記憶があるからなのだろうか・・・

倉敷美観地区3

本町の通りに出る。
お土産で目を引くのは、倉敷の特産である帆布(国産の7割が倉敷産)のトートバックやブックカバーなどのグッズ、それに、モダンな感じの喫茶店や和基調のスイーツのお店だ。

倉敷美観地区 本町付近

路地が多いのも、古い町並みの特徴(^ω^)

倉敷美観地区4

倉敷館と倉敷川。
江戸初期に天領に定められ、以後備中国南部の物資集積地として栄え、やがて備中最大の都市であった松山を上回る都市として発展した。

天領 = 江戸幕府の直轄領 備中国 = 岡山県西部の旧名
倉敷美観地区5

中橋と考古館。
蔵や旧住宅は、今でも再利用の方法はいくらでもある。

中橋と考古館

そぞろ歩きの40分~50分で一通り廻れた。
じっくり資料館の内部なども見ていけば、1時間半はかかるだろう。

倉敷美観地区7

帰り際に薄曇が解消され、ようやく晴れ間が♫
親父曰く
「老体にはこたえるから曇ってるぐらいでちょうどいいよ」
俺としては、晴れの方が気分的にも写真の撮れ具合的にも良いんだけど、親父(63)の命には変えられないなwww

倉敷美観地区8

まだ11時そこそこだったけど、次から都市部を離れることになるので、ちょっと早めのお昼ご飯を倉敷で食べていくことにした(≧∇≦*)ゴトウチゴトウチ!!



   にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ   

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

倉敷美観地区

岡山県の倉敷が、ワタクシの本日の訪問先です。 敷地内に蔵がたくさんあったということから、倉敷という地名になったそうですが、もともとこの辺りは海で、干拓されて陸地になりました。 塩分が豊富な地面では稲作が難しいので、綿花栽培が盛んになり、それが後の紡績業につながっていきます。 週末ともなると、大勢の観光客で賑わいます。 倉敷は天領として栄えた町です。 橋の...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
旅の記憶
旅日記や城巡りなどの一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示