スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海道五十三次 16 山中城跡

7日目 2011年7月24日(日)11:55

三島宿への途中、山中城跡へのより道中!
山中城は再訪でもあったので、最初に来た時の模様も合わせて書いていくこととしやす。。。

最初に来たのは2009.01.20(火)。この記事を書いてるのは2013.01.22(火)だから、すでに四年前ということになる。

山中城の見所は、本丸方面と、岱崎出丸と二ヶ所る。
まずは本丸方面から攻めていこう!

山中城跡 本丸方面
2009.01.20(火)

東海道沿いにある駐車場から本丸方面へ向かうと、最初に三の丸堀が見える。
国指定史跡・日本100名城にも選定されるだけあり、なかなか遺構の残り具合が良い。

山中城跡 三の丸堀
2009.01.20(火)

馬の飲料水などに用いられていたとされる田尻の池。
このあたりは湿地帯だったが、築城時に盛土(土塁)によって埋め立てられた。

山中城跡 田尻の池
2009.01.20(火)

本丸の西にある、西の丸をまず目指す。
西の丸の堀の遺構が、山中城跡の大きな見所だ!

こちらは、畝堀。
畝堀は、堀が畝によって区切られる構造

山中城跡 西の丸 畝堀

それから、障子堀。
畝堀の応用版で、障子のように堀が区画分けされている。

山中城跡 障子堀1
2009.01.20(火)

湿地であったこともあり、場所によっては水が湧き出している堀もあり、用水池も兼ねていたと見られる。

山中城跡 障子堀3

障子堀は、豊臣秀吉の大坂城でも遺構が発見されている。
北条流の築城技術を秀吉が真似たのかもしれない。

山中城跡 障子堀4
2009.01.20(火)

縦横に障子堀が掘られている。
下に降りてみると、思ったより堀の深さが身にしみてくる。
約2mの深さがあったそうだが、降りたら甲冑を着た身なりで登るのは容易ではなく、また畝上を駆けるにしても人一人が精一杯で攻め難い印象を受けた。

山中城跡 障子堀2

西の丸に到着。

山中城跡 西の丸
2009.01.20(火)

景色は良さそうだったけど、この日は晴れの予報にもかかわらず雲の多い日であったため今ひとつだった。

山中城跡 西の丸からの風景

西の丸から二の丸へは橋渡しで行ける。

山中城跡 二ノ丸橋
2009.01.20(火)

二の丸は斜めっていた。。。
櫓台も見えている。

山中城跡 二の丸

本丸。
奥に天守櫓台、北の丸がある。
手前には弾薬庫、兵糧庫のあった曲輪もあった。

山中城跡 本丸
2009.01.20(火)

本能寺の変で倒れた織田信長にとって変わって中央を抑えた豊臣秀吉は、その総仕上げとして小田原征伐を興す。

北条は降伏勧告を握りつぶし、徹底抗戦の姿勢を見せ、箱根の坂に小田原から見て天然の要塞である箱根の山の外側にある、山中城の増築に着手。西の丸や岱崎出丸を作った。

東海道を挟んで、山中城と岱崎出丸の二つの「城」で挟み撃ちにするという、誠に気宇壮大な城である。

残念なことにこの城は、北条の兵4千に対し、豊臣秀吉率いる天下の兵7万という、圧倒的な物量作戦で踏み潰されてしまう。


続いて東海道を隔て、反対側にある岱崎出丸へ。

岱崎出丸へ
2009.01.20(火)

岱崎出丸は結局完成の日を迎えることなく落城したが、その遺構はまさに戦国末期の山城のお手本とでも言うべき縄張りとなっている。

面白いのは、未完成だからか、傾斜が比較的そのまま曲輪に反映されている点。
二の丸も傾斜だったが、不便はなかったのだろうか・・・

岱崎出丸
2009.01.20(火)

御馬場跡は岱崎出丸最大の曲輪。
見晴らしが良く、責め来る豊臣軍の華麗さにさぞ度肝を抜かれたことだろう。

岱崎出丸 御馬場跡
2009.01.20(火)

史蹟碑も、本丸方面含めて複数箇所ある。

岱崎出丸 史蹟 山中城阯
2009.01.20(火)

出丸突端の、すり鉢曲輪の畝堀は一部損傷か、未完成であった。

岱崎出丸 損傷畝堀
2009.01.20(火)

周囲を土塁で囲まれた岱崎出丸。その突端のすり鉢曲輪の土塁上から見る畝堀は「一の堀」と言われる。
見事な遺構だ!!

岱崎出丸 すり鉢曲輪畝堀2
2009.01.20(火)

真冬と真夏の写真で見比べる。
どちらも味があって良い!!

岱崎出丸 すり鉢曲輪畝堀1
2009.01.20(火)

すり鉢曲輪見張台からの眺望は、快晴ならなぁ、と残念にならずにはいられない程、その絶景の想像が容易である。

すり鉢曲輪見張台からの眺望
2009.01.20(火)

土塁の城としては最高峰の城で一眠りこいて(-_-)゜zzz…

岱崎出丸にてお昼寝w

さ、続きを始めますかね!



   にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ   

関連記事

テーマ : 東海道五拾三次
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。