7 萩八景遊覧船 ~山陰山陽父子旅~

萩八景遊覧船は、萩城の駐車場の近く、堀内地区とかつての二の丸を貫く指月川(萩疎水)から出発している。

指月川は萩城の遺構ではなく、洪水や火災など、防災上の理由で大正時代に作られた人口川だ。

萩八景遊覧船1

いざしゅっぱ~~つ!
観光地で遊覧船とかあまり乗ったことないからドキドキわくわく♪

いざ!!

まず正面に立派な観音堂のある観音寺が見えてくる。

観音院観音堂

指月川から橋本川に出て、常盤橋をくぐると、堀内地区の松並木が見える。
この松並木は、日本海からの風によって川の方向に傾いている。

日本海からの風で傾く松

平安古(ひあこ)地区の旧田中邸土塀が素晴らしい!

威容を誇る平安古地区の旧田中邸土塀

萩八景の玉江浦のあたりで旋回!
玉江橋と指月山がお見事♪

指月山を玉江橋と

元来た道を戻って、今度は日本海へ漕ぎ出す!!(エンジンだけどw)
普通では見られない、海からの萩城を見ることができる!

今度は日本海側へ

復元の銃眼土塀。
こんな壮麗な土塀が、往時は城を囲んでいたのだ。

復元の銃眼土塀

日本海に出過ぎないところで旋回~!
船頭さんいわく
「朝鮮までいっちゃうからねw」

萩八景遊覧船2

船頭さんが、乗り合わせた女の子に海の歌を唄わせ、乗っている一同が微笑ましく聞いていると、今度は船頭のおっちゃんが「では、お礼に私も一曲」
と言って、萩の民謡
「男なら」
を唄ってくれた。

萩八景遊覧船3

男ならお槍かついで お仲間となって
ついて行きたや 下の関
女ながらも 武士の妻
まさかの時には しめだすき
鏡じゃ ないかな
(オオシャリシャーリ)

男なら三千世界の 烏を死なす
主と朝寝が してみたい
酔えば美人の ひざまくら
さめりゃ天下を 手で握り
咲かす長州 さくらの花
高杉晋作さんは 男の男よ
傑いじゃ ないかな
(オオシャリシャーリ)


海にぷかぷか浮かびながら萩の風景を眺めている。
音はなく、おっちゃんの歌声だけが波間に響いていた。

私が男だったら、槍を担いで下関まで!
女ながらも武士の妻!
オオシャリシャーリ(おっしゃるとおり!!)

といった、誠に勇ましい女性の歌である。

船頭さんが民謡「男なら」

そうした盛り上がりの中、あっという間に40分の船旅は終わる。
船の屋根は、低い橋の所で下げることができるようになっていた。

屋根が下がる!!

真夏の萩の遊覧船の
良き思い出にとぞ
夏みかん

濃い濃いあま~い
夏みかんソフト♪

濃厚な夏みかんソフト

萩を堪能した父子は、萩に思いを残しつつ
一路。
津和野を目指すのでありました!!



   にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ   

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示