6 萩の朝 ~松陰神社・松下村塾とその周辺~

2日目 8月12日(日)6:45

萩本陣は、かの有名な松下村塾などの吉田松陰の旧跡がある松蔭神社が近い。

恒例の朝巡りは、親父がグズり、朝風呂に入ってからちょっと遅めの出発。

萩本陣
萩本陣

萩本陣から徒歩7.8分で松蔭神社だ。

松陰神社鳥居

境内には明治維新胎動之地碑など、維新の風を思わせる遺構が多々ある。

明治維新胎動之地碑

その中でも最高峰のものが、この松下村塾に他なるまい。
何と松下村塾の小屋は現存していたのだ(;゚Д゚)!マジカ

吉田松陰は、安政4(1857)年、実家の小屋を改造して、八畳の塾舎とし、一年後さらに十畳半を増築した。
松陰なんと27歳の若さである。

国指定史跡
松下村塾1

松下村塾は、一年足らずしか開塾していない。
その短い時間で、この粗末な部屋で学んだ塾生は、高杉晋作・久坂玄瑞・山県有朋・伊藤博文など、あるいは維新の原動力となり、あるいは明治政府の中枢に立つなど、多数の人物を輩出した。

松下村塾2

講義室は八畳。
こんな狭い部屋から、草いきれのように匂い立つ若者たちが大志を抱き、跳び立っていったのだ。

松下村塾3

余談であり、触れる必要はないのだが、この松下村塾の軒先に、犬の糞が落ちていた。
下らない話だが、記憶に鮮烈に残っているので一筆汚しておく。



松陰は伊豆下田で黒船への侵入に失敗し、獄につながれた後許され、広い邸宅の一室である三畳半に幽閉された。

国指定史跡
吉田松陰幽因旧宅

松下村塾の前身とも言えるこの小部屋でおよそ一年、父兄や近親者に講義をし、クチコミで門下生を増やし、私塾となった。

吉田松陰幽因室

松蔭神社から徒歩5分程。
伊藤博文旧宅があった。
言わずと知れた初代内閣総理大臣である。

国指定史跡
伊藤博文旧宅

像も立派な台座に乗って天に聳えていた。

伊藤博文公像

別邸もあるが、これは東京都品川区にあったものを移築公開している。

伊藤博文別邸

萩本陣に戻り、朝食バイキング!
すっかり空腹だ(´・_・`)

萩本陣の朝食バイキング!

バイキングでお腹いっぱい食べ、ホテル内のお土産屋であれこれと購入。
お気に入りは、吉田松陰の像と、アウトレット萩焼。
自宅で萩焼のお皿の上に吉田松陰が胸を張っている。

お土産横丁 萩往還のふぐ!
お土産横丁 萩往還

萩本陣ををチェックアウト。
昨日から気になっていた
萩八景遊覧船に乗るべく、萩城を目指し車を走らせた。



   にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ   

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示